mail SNS絶賛更新中!@tifana_sakura
AIさくらさんの具体的活用例

AI MENTAL HEALTH

メンタルヘルスメンタルヘルス

TOP > AIさくらさんとは? > メンタルヘルス機能

メンタルヘルス機能が強化(アップデート)されました!

人工知能接客システムAIさくらさんの「メンタルヘルス機能」が在宅勤務の従業員のメンタルヘルスケアにも対応できるよう、新しくなりました!
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークなど在宅勤務を導入される企業が増加しています。
従業員と対面で話す機会が大幅に減るため、心の健康の保持増進対策をより計画的に講じる必要があります。
技術の向上により、従業員本人も気がつかない心の不調の兆候を発見し、早期発見することが可能になりました。
心の健康問題は個人差が大きく、質問票など従来のやり方ではプロセスの把握が困難でしたが「メンタルヘルス機能」の強化により、科学的で正確なデータを取得しやすくなりました。

労働環境の変化はストレスを生み、心の不調につながる可能性があります。
「メンタルヘルス機能」が搭載された人工知能接客システムAIさくらさんは、心の健康の不調を早期発見し、悪化を防ぐ手助けが可能となります。

在宅従業員
メンタルヘルスケアが可能です

在宅従業員のメンタルヘルスケアが可能です在宅従業員のメンタルヘルスケアが可能です

在宅勤務が長引くとうつ病などを理由にした休職者が増えることが懸念されています。
人工知能接客システムAIさくらさんは継続的にデータを取得し学習するため、在宅従業員のメンタルヘルスケアが可能です。

組織全体
活性化を促進します

組織全体の活性化を促進します組織全体の活性化を促進します

在宅勤務や外出自粛が増え、コミュニケーションが減りがちな今、従業員の健康管理はなおさら大切です。
従業員の健康度や幸福度を「可視化」することによって高め、組織全体の活性化に繋げます。

企業の業務改善ができる唯一のAIである人工知能接客システムAIさくらさんの「メンタルヘルス機能」を多くの方々にお役立ていただくため、今後も機能の拡張・展開をしていきます。
新型コロナウイルス感染症に伴う心の健康保持増進するという役割を全うできるよう、医療分野との連携をよりいっそう強化していきます。

企業の業務改善ができる唯一のAIである人工知能接客システムAIさくらさんの「メンタルヘルス機能」を多くの方々にお役立ていただくため、今後も機能の拡張・展開をしていきます。
新型コロナウイルス感染症に伴う心の健康保持増進するという役割を全うできるよう、医療分野との連携をよりいっそう強化していきます。

「メンタルヘルス機能」
心の健康状態の可視化ができます
「メンタルヘルス機能」で心の健康状態の可視化ができます
主観の入りにくいデータが取れる

本人も気が付かなかった心の健康の問題を可視化でき、悪化する前に兆候をつかめる利点があります。

時間的な制約が少なく継続的にデータが取れる

本人も意識しないうちに継続して関連データを取得することが可能です。

統計解析を使った分析がしやすい

医師たちの経験・ノウハウを「AIさくらさん」は学習します。

数値の変化は本人の改善意識を高める

業務以外の個別の悩みなども聞き、従業員のストレス状態を数値で把握、適切なアドバイスを行うことが可能となります。

組織全体の問題把握や生産性向上に役立てやすい

「AIさくらさん」が従業員と企業の間に入り、問題を早期発見することで、労働環境の改善の促進をサポートします。

医療機関が変わった場合の診断、治療がスムーズ

本人の同意のもとで、企業の人事労務担当や産業医、専門窓口に相談することも促します。
新型コロナウイルス感染を心配して患者が医療機関の受診を避けるケースが出ています。精神面のケアが在宅で可能なよう遠隔診断・治療の普及に対応します。

心の健康状態
のデータが取得できます
「メンタルヘルス機能」で心の健康状態の可視化ができます
脈波(心拍の変動)を計測
PCマイクで音声を取得し、感情変化などを推定
ウエアラブル端末 発汗などを計測

心拍はウェブカメラで従業員を撮影しその画像をもとに測ります。
反射する光から血管が膨らんだりしぼんだりする動きをとらえ計測します。
心拍変動と自律神経系の働きやストレスの度合い、幸福度との間には有意な関係があります。

AIさくらさんについての
お問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、
導入を検討したい、
詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。