社員の負担軽減や人件費の削減ができたら、どんなに良いかと思いませんか?
これは、どこの企業でも頭を悩ませている問題だと思います。今回は人材不足の問題とインバウンドを交えて書きたいと思います!

働き手の減少とインバウンド

どこの企業でも問題視されているのが人材不足や過度な労働負担についてではないでしょうか?
労働基準法により、労働時間は1日8時間以内と定められていますが、どの企業でも人手不足でなかなか守ることができていないのが事実です。

現在、日本では様々な問題が起きています。
少子高齢化による働き手の不足、インバウンドが重視されつつあることによって起きた外国人観光客への対応等、上げ始めたらきりがありません。
特にインバウンドに関しては、開催が決定した東京オリンピックに向けてますます活発化し、早急な対応が必要となってきています。

しかし、現在の採用状況では早急な人材確保はなかなか難しい状態です。
どこも人材確保のために人事や採用担当が走り回っているかと思いますが、はっきりとした成果をあげられているところはほとんどないかと思います。

少し前までは、多くの就職希望者の中から企業が優秀な人材を探し、選んでいくということが当たり前にできましたが、現在はそもそも就職を希望をする人材が少なく、優秀な人材もそう簡単に手に入れることはできません。インバウンドのことを考えるのならば、英語や中国語等を話せる人材が必要となります。さらにハードルが上がり、ほとんど見つからないと言ってしまってもいいのではないでしょうか?

では、働き手の不足と早急なインバウンド対応に板挟みにされたこの状況をどうやって打破していけばよいのでしょうか。

人手不足と早急なインバウンド対応を一気に解決!AIさくらさん

AIさくらさんとは人工知能を使用した会話AI型システムです。音声合成技術やアニメーション連動、4か国語対応等、様々な機能を搭載したシステムです。

実際に人間のように見て、対話することができます。

このAIさくらさんに使用されている音声合成技術は社会貢献プログラムとして、災害時に一人でも多くの人を救いたいとの思いから無償提供も行っています。
災害が多く、地震や津波で騒がれているからこそ、危険にさらされながらも非難を呼びかける職員や日本に観光に来てくださった外国人観光客の方等、少しでも多くの人が救われるようにとの思いを込めてティファナではサービスの提供を行っています。

災害時にはもちろんのこと、通訳として使うことやガイドとして使うことも可能ですし、
コールセンターの代わりとして使用することもできます。
場所や職種等を問わず、様々な用途で使用できるのがこのAIさくらさんなのです。

どんな場所で活躍できますか?

では、人件費の削減をするにはどんな活用をしたら良いのでしょうか?

例えば、インフォメーションサービス、施設内部にある飲食店、乗り物の説明をすることもできますし、迷子の際のアナウンスもできますね。
外国人の対応もできますし、外国人と従業員の通訳としても活用できることでしょう。
機械なので疲れることもありませんし、休憩時間も必要ありませんので、24時間365日働くことが可能です。

人でないとどうしてもできないこともありますが、誰でもできる仕事は大体サポートできると言っても過言ではありません。
今は表の部分で例をあげていきましたが、裏方でも活躍することができますし、時間のかかる新人の教育面でも活用できます。

人件費の削減をするには?

では、人件費の削減をするにはどんな活用をしたら良いのでしょうか?

例えば、インフォメーションサービス、施設内部にある飲食店、乗り物の説明をすることもできますし、迷子の際のアナウンスもできますね。AIさくらさんなら外国人の対応もできますし、外国人と従業員の通訳としても活用できることでしょう。機械なので疲れることもありませんし、休憩時間も必要ありません。24時間365日働くことが可能です。

39a3500a4de578f00765c9902af9bb2f4b379a9c.jpg

導入を検討するにあたって

事例等を紹介してきましたが、今、自分の企業で利用できるかどうかちょっとだけ考えてみてください。

少しでも気になることがありましたら、是非ティファナにご相談ください。御社に合うソリューションを提供します。