tel mail SNS絶賛更新中!@tifana_sakura

COLUMN

TOP > AIコラム > IoT > 【人工知能(AI)×店舗】未来世界の無人のお店も現実に!店舗運営を一新するAIサービスとは
【人工知能(AI)×店舗】未来世界の無人のお店も現実に!店舗運営を一新するAIサービスとは

【人工知能(AI)×店舗】未来世界の無人のお店も現実に!店舗運営を一新するAIサービスとは

IoT

2018年04月27日

Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読

昨今の店舗運営は様々な課題を抱えています。
人員離れによる効率の低下、少子化による人手不足、インターネット通販による客足の減少、などです。
最新の人工知能を搭載したシステムを導入することで、こうした問題を効果的に解決することが可能になります。
AIを店舗運営に活用することで、人件費の削減、顧客満足度の上昇、効果的な宣伝など、様々な効能を得ることができます。
AI接客システムによる魅力ある販促システムなど、店舗運営の最前線で活躍するAIたちをご紹介します。

1)夕方でもレジに並ばなくてすむAI導入スーパーマーケット
2)人工知能が運営する、店員のいない未来世界のAI導入店舗が現実に
3)人工知能のじゃんけんに勝てば料金が無料に

1d9e01520376027af47103bf5028f87b_s.jpg

夕方でもレジに並ばなくてすむAI導入スーパーマーケット

群馬県に本部を置くスーパーマーケットでは、人工知能がレジの混雑を予測して、
顧客のレジ待ちの負担を軽減するシステムの導入を開始しています。

海外でもイギリスの大手スーパーなどが同様のシステムを使用して店舗を運営していますが、
日本でも本格的に導入が開始されました。
店舗の入り口やレジの付近に複数のセンサーを設置して、店内の客数の情報を収集します。
センサーは、店内の客数とレジ待ちの客数の2種類のデータを収集し、AIに送信します。
データを受け取ったAIは、過去のデータと組み合わせて分析することで、
近い時間に何台のレジが必要になるかを予測して、レジ係に情報を送信します。
レジ係りは受け取ったデータを参照し、顧客を空いているレジに誘導します。
AIの予測に基づいて行動することで、レジ待ちの負担を軽減させることを達成します。

レジは店舗の業務の中でも現場の従業員の負担が大きいものの1つで、
人員数が少ない場合は、夕方などの混雑時に従業員の負担が大きくなります。
また、レジの人手が十分でない場合は、顧客はレジを通すために長時間並んで待つことになり、顧客満足度も低下してしまいます。
スムーズなレジ進行を達成するためには、多くの人員を導入することになりますが、
人手不足や人件費の問題によって、実現が難しいのが現状になっています。
レジ業務にAIを導入することで、こうした複数の問題を一挙に解決し、効率的に店舗を運営することが可能になります。

人工知能が運営する、店員のいない未来世界のAI導入店舗が現実に

未来の世界を描いた映画やアニメでは、店員が存在せず、ロボットやAIが接客する無人の店舗で人間が買い物をする場面が登場します。
そうした光景は未来のテクノロジーへの希望を象徴するものですが、
佐賀の大学のキャンパス内では、人間の店員がいない未来の無人店舗が既にオープンしています。

無人店舗では工具や作業服などが販売されています。
工具通販の大手会社と、キャンパス内に本社を置いて大学と提携してAIなどの研究を行っている企業が、共同で設置したものです。
約30坪の面積の無人の店内には、大学の研究等に使用される各種工具、作業服、研究用品など、
約2000種類の商品が販売されています。
顧客はスマートフォンの専用アプリを使用して買い物を行います。
アプリを操作して入店コードの発行手続きを行い、QRコードを店のゲートにかざすと入り口が開きます。
商品を購入するには、バーコードをスマートフォンのカメラで読み取ってから、店内に設置されたカートに商品を入れます。
欲しい商品を全てカートに入れたら、スマートフォンを利用した決済システムによって支払いを行います。
支払い後に発行されるQRコードをゲートにかざせば、退店できるようになります。

店舗のシステムを人工知能によってオートメーション化すれば、
人間の従業員が存在しない無人店舗を実現することができます。
店舗を運営するために必要な人的負担を軽減できるだけでなく、
人口の減少による労働力の低下を解決するための突破口にもなり得る技術です。

人工知能のじゃんけんに勝てば料金が無料に

スマートフォンやSIMなどを販売するモバイル会社の店舗において、
人工知能を搭載したじゃんけんマシーンと遊べるイベントが実施されました。

じゃんけんマシーンは、画像認識技術によって相手の手の動きを瞬時にスキャンし、
ディープラーニングによって蓄積した学習データと照合することで、
相手に勝つための手を選択してじゃんけんをする、という仕組みです。

このAIマシーンは、モバイル会社が属するグループの研究所が開発したものです。
約10万通りの学習データと、相手の手の動きを一瞬で読み取る機能によって、
マシーンの勝率は99.9%という高い数値に設定されています。

設定上は1000分の1の確率で人間が勝つことも可能になっており、
マシーンに勝ったユーザーはモバイル料金が1年分無料になるというサービスが受けられます。
人工知能を搭載し、複雑で高度な動作が可能なロボットは、店舗に来店した顧客を夢中にさせるような、
優れた販促機能と接客技術を有しています。
店に直接来店して購入する機会自体が減少しつつある状況において、
AIロボットを導入して店先での営業を活性化させることは、店舗運営の未来を踏まえた重要な試みとなっています。

まとめ

bddb702e4b6840eeee281fc4a857dfd3_s.jpg

AIを利用したサービスを店舗に導入することで、現在の店舗運営が抱える様々な課題を解決することができるようになります。
A客数を分析することでレジ待ちが解消されたスーパー、大学のキャンパスに設置された全自動の無人店舗、
販促と接客に効果的なじゃんけんマシーンなど、店舗運営のためのAIシステムが多く存在します。

AIさくらさんは、店舗運営の活性化に適した高度な人工知能を搭載したシステムです。
多言語でのインフォメーションも可能で、外国人客が増加している日本の店舗事情に効果的に活用することができます。
アニメーションを使用したオリジナルキャラクターと連動して運用することも可能です。
店舗に来店した顧客の大きな関心を集める事ができるので、優れた販促機能を実感することができます。
AIさくらさんを店舗システムに導入することで、未来を見据えた革新的な店舗運営が可能になります。

Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
Facebook
Twitter
はてなブックマーク
Pocket
LINE
RSS購読
関連コラム
  • AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?

    AIはエネルギー問題の救世主か、破壊者か?

  • AIチャットボットの共通するメリット・デメリットとは?

    AIチャットボットの共通するメリット・デメリットとは?

  • AIさくらさんとAIチャットボットはどう違う?!他社製品との違いを徹底解説!

    AIさくらさんとAIチャットボットはどう違う?!他社製品との違いを徹底解説!

AIさくらさんについての
お問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、
導入を検討したい、
詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。