異常検知とは、AIに予測データを機械学習させ、今まで起こったことのないイレギュラーなパターンや、様々な事象が絡み合って発生する複雑なパターンが起きたときに、通常と違うと検知することです。 公共の場や人の多い場所での不審な行動や、施設内の機器の故障、工場での機械の監視など様々な分野で現在役立てられています。 また、蓄積されたデータから、事前に事故を予防したり、異常値が出たら先回りして修理することで、予期せぬ事故を未然に防ぐことも可能です。 今まで人が感覚的に行っていたことや、ずっと監視しなければならなかった分野が、自動で行えるように変化してきているのです。

機械の故障や監視で困っていませんか?

人が機械の故障に気が付くときは既に異常が起きてしまっている場合がほとんどです。 また、他人も目で監視や点検をしているときに事故に巻き込まれてしまう可能性もあります。 しかしAIさくらさんと連携して常にデータを取っておけば、少しでも普段と違う点があった場合に即座に気が付くことができます。

防犯対策で困っていませんか?

防犯対策として警備員の方を雇ったり、監視カメラを設置したりしているかと思います。 AIさくらさんが警備員と監視カメラの両方の代わりを行います! 画像センシング機能を使えば、不自然な動きをしている人や、店員から死角になっている場所に長時間留まっているお客さんを発見することができます。 発見したことをスタッフに通達することができるので警備・防犯対策の業務負荷の軽減が期待できます。

故障部位の特定に困っていませんか?

何か異常が起こったときに、根本的な解決策を行わないと、再発の危険性を残したまま再稼働することになります。 どこで異常が起こったのかの特定に時間がかかっていませんか? AIさくらさんと設備や機械を連動させれば、いつどこの部品で異常値が叩き出されたかを瞬時に判断し、メッセージとして通知します。 もちろんAIさくらさんは話すこともできるので、アナウンスで流すこともできます。