飲食業界で深刻になっている人手不足。人手は減るのに業務時間は短縮される中、「業務負荷を軽減する必要があるのは分かっているけれど、忙しくて手を付ける時間がない」と思っている方も多いことでしょう。

業務を効率化するための解決策として、人工知能(AI)という選択肢を視野に入れている企業は増えています。

ティファナの人工知能「AIさくらさん」は、問い合わせ対応や社内のヘルプデスクなど
人が対応していた業務を自動化することにより、業務負担の軽減・効率化を行うことができます。
人手が足りないのならば、できることから人工知能に仕事を任せてしまいましょう!

  • 1)本部に寄せられる問い合わせは人工知能で対応!
  • 2)溜まった学習データを活用して、業務の改善に活用
  • 3)多言語対応もAIさくらさんにおまかせ

本部に寄せられる問い合わせは人工知能で対応!

複数の店舗を展開しているチェーン店であれば、フェアやイベントの時期になると加盟店から多くの質問が殺到して、対応を行うだけで1日が終わってしまう…なんてこともあると思います。

また、問い合わせの多くは単純な質問ばかりで「何度も聞かなくても…」というケースが大半です。

その問い合わせ、AIさくらさんを利用すれば、簡単に自動化することができます。
従来、電話やメールで本部に問い合わせをしていた時間が、たった数秒で質問を解消できるので、他の業務に時間を使ったり今までより早く帰ることができるようになります。

また、24時間365日対応することができるので、遅くまで残業する必要はありませんし、閉店後、聞きたいことがあっても本部に電話がつながらない…なんてこともなくなります。

溜まった学習データを活用して、業務の改善に活用

AIさくらさんを利用することの強みは、利用したユーザーの声が生のデータとして蓄積できることです。

溜まったデータを分析することでどんな要望・質問が多く寄せられているのかがわかるので、業務改善やマーケティングに活かすことができます。
例えば、毎回フェアの時期になると多く寄せられる質問の傾向がわかれば、フェアを開催する前に事前に対策行動をとることができるようになるので、PDCAサイクルを回していくのにも役に立ちます。

多言語対応もAIさくらさんにおまかせ

AIさくらさんは、日本語、英語、中国語、韓国語の質問にも対応することができます。
もちろん、各言語の質問をただ受け付けるだけではなく、ネイティブな発音で返答をすることもでき、各言語のテキストと音声でわかりやすい応対ができるようにすることも可能です。

昨今では、外国人を雇用する飲食店も増えてきていますが、日本語をうまく使えずにコミュニケーションロスが発生するなんてこともあるのではないでしょうか。
気持ちよく働くためにも、円滑にコミュニケーションをとることは大切ですよね。

そこで、「日本語がわからないから質問できない」という外国人スタッフの悩みを解決してくれるスタッフがいたら、もっと仕事がはかどるようになりますね。

いかがでしたか?
人手をかける必要のないところを自動化することで、業務負荷は簡単に改善できます。
ティファナでは、飲食業界の実績も多数ございますので、
詳しい話を聞きたい方はお気軽にお問い合わせください。