外出自粛が定着している今、不動産業界にも大きな影響が出ています。 これまで物件紹介や内見案内は、契約者と営業担当者が対面形式で行うことが多かったと思いますが、 新型コロナウイルスの感染リスクを考えると積極的にこれらのことを行うことは出来ません。 そうなると契約が先延ばしになったり、キャンセルが出たりと売り上げに直接影響が出る事は必至です。 また世の中の働き方も大きく変わり、テレワークも当たり前になってきました。 家にいる時間が増えるのでこれまで以上に設備にこだわったり、宅配BOXなど感染予防を意識した設備に興味を示すユーザーも増えているかと思います。 このようにユーザーニーズが急速に変化しているので、企業側もキャッチアップするのが大変です。 大きく変わった世の中の動きに迅速に対応することが急務です。

変動する住宅ニーズを捉えられていますか?

新型コロナウイルスの影響で住宅選びのポイントは変わってきています。これまで都心部では通勤の利便性を重視し、いわゆる駅地下物件や都心部に近い物件が人気でした。しかし現在ではテレワークが浸透してきたこともあり、郊外思考強まって来ています。どういった顧客層にどのようがニーズがあるのかをいち早く分析し、取り扱う住宅を確保できるかが今後の不動産メーカーには求められます。AIさくらさんでは消費者の傾向分析を行うことが可能です。顧客からヒアリングした内容は全てDB上に蓄積されるので、情報がたまれば溜まるほど正確になっていきます。これら分析された情報を効率よく使用するらために、AIさくらさんを導入してみてはいかがでしょうか。

非対面での内見対策は出来ていますか?

賃貸物件を借りる際必ずと言っても良い程行われるが「内見」です。これから住む家を実際にこの眼で確認したいというのは当然です。しかしコロナ禍の今、貸す側も借りる側も感染のリスクを考えると乗り気ではありません。しかしAIさくらさんなら音声でもテキストでも応対が可能で、物件に関する質問をすると希望に合う物件をAIさくらさんが営業マンの代わりに探します。また、物件の内見に関してもAIさくらさんに担わせると行った応用も可能です。

お問い合わせ・クレーム対応に追われていませんか?

新型コロナウイルスの影響で、住宅・賃貸契約について問い合わせやクレームが増加傾向にあります。しかしイレギュラーな内容で社歴の長い人でしか対応できなかったり、クレーム対応で精神的にダメージを負い退職するケースも少なくありません。このままでは企業の信頼や働く人を失っていく一方です。AIさくらさんなら対応マニュアルを覚えさせることで、誰でも同じような対応が可能になります。またクレーム対応もAIさくらさんが代わりにしてくれます。AIさくらさんにはメンタルヘルスケア機能も付けられるので、社員がストレスを抱えてもケア出来ます。AIさくらさんを導入することで、業務効率化と社員の心のケア実現してみてはいかがでしょうか。