AIで従業員の心の不調を早期発見
ウィズコロナで重要性を増すメンタルヘルスケア

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークなど在宅勤務を導入する企業が急激に増加しています。
従業員と対面で話す機会が大幅に減るため、計画的な心の健康の保持・増進対策が必要です。
メンタルヘルスさくらさんは、従業員本人も気づかない心の不調の兆候を早期発見することが可能です。
心の健康問題は個人差が大きく、質問票など従来のやり方ではプロセスの把握が困難でしたが、
「メンタルヘルス機能」の強化により、科学的で正確なデータ取得が可能になりました。労働環境の変化は
ストレスを生みますが、AIさくらさんなら、従業員の心の不調を早期発見し、悪化を防ぐ手助けをしてくれます。

テレワーク中の従業員の
メンタルヘルスケアも可能

在宅勤務が長引くとうつ病などを理由にした休職者が増えることが懸念されています。
人工知能接客システムAIさくらさんは継続的にデータを取得し学習するため、在宅従業員のメンタルヘルスケアが可能です。

心の健康を保持・増進し、
組織全体の活性化を促進

在宅勤務や外出自粛が増え、コミュニケーションが減りがちな今、従業員の健康管理はなおさら大切です。
従業員の健康度や幸福度を「可視化」し高めることは、組織全体の活性化に繋がります。
企業の業務改善ができる唯一のAIである人工知能接客システムAIさくらさんの「メンタルヘルス機能」を多くの方々にお役立ていただくため、今後も機能の拡張・展開を継続していきます。
新型コロナウイルス感染症に伴う心の健康保持・増進という役割を全うできるよう、医療分野との連携をよりいっそう強化しています。