観光地から訪日外国人観光客の姿が消え、2020年の感染症感染拡大防止による渡航制限、外出自粛の影響で、「観光客」が激減したことで観光業界全体に大きな損失が生まれています。
個人消費を抑えて最低限の「人の移動」に留まるようになり、宿泊施設の稼働率も2019年以前を大幅に下回る中で、感染縮小を待っていてもそれまでの従来の方法で観光事業を続けるには限界があります。

それだけではなく、コロナ禍に対応した新しい観光地のサービスも昨今求められるようになっています。例えば、混雑状況の管理・案内、非対面によるガイド、有人対応サービスの無人化・自動化などが、どの観光地でも課題になってきています。

これらの管理、案内するサービスは有人対応では難しく、AIを使った新しいソリューションが今注目されています。AIさくらさんは、観光地の混雑案内、非対面の無人ガイド、訪れた人のデータを蓄積・分析し、接客サービスの改善に貢献することができます。

感染対策したくても無人対応ができずに困っていませんか?

観光客のさまざまな質問に対応するために現地スタッフが有人対応をしている場所が今も多くあり、感染対策で無人化したくてもなかなかできないところも現状では多くあります。接触による感染リスクをできるだけ軽減するためには、AIさくらさんによる接客の無人化・自動対応が必要です。AIさくらさんは、非接触による操作も可能なため、感染防止対策になります。また問い合わせ業務を自動化できるので、今まで有人対応していた人件費も削減できます。

外国語対応スタッフ不足に困っていませんか?

インバウンド需要が下がったと言われても、観光業界の人手不足は加速しています。AIさくらさんは、日本語以外にも、英語、中国語、韓国語を初めとした各国の言語に対応した人工知能(AI)です。日本語のわからない訪日外国人が観光地でAIさくらさんに向かって母国語で話しかけると、AIさくらさんがアテンドの代わりとなり、ユーザーと会話をしながら観光地の案内をします。マルチリンガルのスタッフを雇わなくて済むので、人件費の削減にも繋がります。

感染症対策・観光促進キャンペーンの問い合わせ対応に困っていませんか?

人手不足が深刻化する観光地で、感染症に関する問い合わせや観光促進キャンペーンの問い合わせが急増し、業務に支障が出ているケースが多く発生しています。対策内容やキャンペーンの詳細情報が更新されている中で、情報を確認しながら都度案内をすることが人手不足の観光地の負担になっています。AIさくらさんは、情報を迅速かつ適切に学習して案内することができるため、人手不足の観光地の問い合わせ対応に貢献します。