「AIやロボットが世に出ると、人間の仕事は無くなる」

最近よく言われますね。

実際に多くの人が仕事が無くなってしまうかも?と疑問を抱いているようです。

「いやでも、仕事が無くなるのなんて、まだまだ先だよ!」

そう思っているあなた。本当にそうでしょうか?

AIやロボットというのは、実行する内容が既に定型化している仕事や、膨大なデータを扱う仕事を得意としています。

あなたが今行っている仕事が「AIやロボットが得意としている領域」そのもの、なんてことはありませんか?

ちなみに、無くなる仕事の代表格だと言われているのが、「事務職」です。

……私も他人事じゃない!!

でも、AIやロボットにだってまだまだ不得意な分野があります。

これらは、アドリブ力やコミュニケーション力が求められる仕事や、まだ起こっている事象の少ない仕事です。

AIやロボットが得意な部分、苦手な部分を上手く使い分けていくことが出来たとしたら?

そんな彼らと仲良くなって、今よりもっと高度な仕事を上手に進めていく未来があるはず。

「AIやロボットに使われる側の人間」ではなく、「AIやロボットを使う側の人間」になることで、

彼らは敵ではなく、むしろ最強のパートナーとなるのです。

 

では、AIやロボットを最強のパートナーとするために、彼らにはどんな仕事ができるのか、

そして、私たちはどんな仕事をするべきなのか、少し考えてみましょう。

①来客受付対応

大きなビルに入ると、入り口近くには受付担当の人が座っている、なんて光景は、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

ビルの中のオフィスに入りたい場合は受付の人に申し出て、入館用書類を書いて、やっと入館。

という手順を踏むことも少なくないはずです。

ここを、AIが担当してくれるとしたらどうでしょう?

まず、そもそも受付に人が待機することが無くなります。

だって、AIが入館するために必要な情報や案内を、全部担当してくれますから。

AIは入力された情報を基に、今受付にいる人を何処に案内すればいいのか、考えて対応してくれます。

「こんにちは。会社名とお名前を教えてください」

「○○株式会社の△田です」

「△田様、いらっしゃいませ。弊社担当者の名前を教えてください」

「□山さんです」

「ありがとうございます。右手の廊下を進んだ奥にある、202会議室にご案内いたします」

こんな感じで音声入力してもらえば、来館者も「書く」という行為に時間を取られなくて済みます。

また、入館者の情報がそのままデータベースに溜まっていくので、紙に書かれた情報を再度手入力することなくまとめることができ、これだけでも時短につながりますよね。

AIが受付をしてくれたおかげでできた時間は、そのほか人間が頭を使って考えなければいけない仕事に使うことが出来ます。

採用担当も兼ねている方なら、より学生と出会うためにどうすればよいかを考える時間に使えたり、今年の学生の傾向調査にもより時間をかけることができたりするようになります。

調べた情報が有効かどうかを判断するのは、人間の方が得意な分野です。

 

②ルーチンワーク対応

毎日毎日、似たようなデータを書類に入力する作業の繰り返し。

同じようなことをずっと繰り返すと、人間は集中力が無くなったり、注意力が散漫になったりします。

大事な書類で大きなミスをしてしまう、ということにも繋がりかねません。

こんなことはRPA(Robotic Process Automation)に対応してもらいましょう!

(RPAとは、プログラミングの知識がなくても組み立てることのできる、業務遂行ができるロボットです。)

ロボットなので、集中力が途切れることはありませんし、人間と違って何度やってきた作業でも一つ一つ丁寧に進めてくれるので、ミスが少なくなります。

単純な入力業務とグラフ化の作業はRPAに任せ、あとはそのデータから何が読み取れるのかを人間が考えてお客さんや社内の改善のために提案する、なんて連係プレーができるようになりますね。

単純業務をRPAが代わりに行ってくれるので、私たちはその分考えることに時間を遣うことが出来ます。

よって、考察・提案の内容は今までよりも、より質の高いものにすることができるでしょう。

2つの事例を挙げてきましたが、共通している内容は「AIやロボットが出来ないことを人間がやっている」というところです。

むしろ、誰でもできるような作業は彼らに担当してもらい、私たちはより高度なスキルが求められる内容に力をかけることが出来るようになります。

その高度なスキルが求められることこそが、今後「仕事」と呼ばれるものになります。

事務職の私たちにも、ここが求められるようになるんですね。

作業をこなすのではなく、AIを使って得られた情報や、ロボットを使って出来た時間を使って、いかにクリエイティブな仕事ができるかが重要になります。

クリエイティブって、そんなに大したことを考えなくてもいいのです。

例えば、朝礼の時、会社の雰囲気が暗いから、どうにかして明るくする方法はないか。

こんなことをAIが考えるのは、今はまだ苦手です。

でも、AIやロボットというパートナーに協力してもらって出来た時間で、私たちがそれを考えて実行することは出来ます。

作業はロボット、考えることは人、という風に、協力して仕事が出来れば、よりよいアイデアが会社、ひいては社会をよくすることに繋がるでしょう。

まずは身近なところから、最強のパートナー作りを始めてみませんか?