始めるのが遅くなればDX推進にも大きな影響を与える?社員教育には専門研修が合理的な理由

時代の変化に応じた社員教育で悩んでいませんでしょうか。インターネット技術の進歩や昨今の勤務体系からDX分野の知識習得は欠かせません。今後の社員教育にはDXを対象とした研修が一般的になっていくでしょう。

この記事ではDXの社員教育の重要性と習得には外部の研修代行会社に依頼することが最適であることを説明しています。DXを社員教育に組み込みたい会社様はぜひ参考にしてみてください。

社員教育の重要度が増す社会が到来

昨今、社員教育の重要性が日増しに増えています。働き手の減少と技術の進歩が主な理由です。

少子高齢化による働き手の減少

社員教育が重要な理由の一つに日本の少子高齢化があります。今後、労働人口は減っていきますので雇用の確保が容易ではなくなります。一方で会社が成長するためには労働力は必要不可欠。雇用することすら難しくなる時代なので一人一人の社員を大切に育てて十分な戦力にする必要があります。

新しい技術や働き方の普及

テクノロジー技術の進歩はすさまじく、目まぐるしいスピードで変革を遂げています。DXもその一つです。デジタル技術で今までにないサービスや体制の構築ができあがっています。働き方もその影響を受けてリモートワークが一般化しつつあります。リモートワークは集団勤務ではなくなるので自走力が求められます。

新しい技術や働き方の中心はDXです。
DXは広義ではデジタルに関することですが、具体的にはシステム設計やプログラミング、データベース、データ活用、ビッグデータなどが該当します。独学だけではなかなか難しいジャンルなので本格的にお仕事を始める前にしっかりと研修しておいた方が良いでしょう。

求める人材が変われば社員教育も変えるべき

DXに強い人材が将来の社会の中心になるでしょう。これからはIT企業だけでなく、建設会社も食品メーカーもスポーツジムもDXの活用が求められます。今までの世の中と大きく変わります。前例のない社会なので過去の研修内容は効果が弱いかもしれません。

デジタル技術が研修の根幹になる

今までの研修は座学やビジネスマナー、ロールプレイングなどを行って課題を解決する研修(課題解決型)が主でした。与えられた問題点を解消する方法です。しかし、目に見えるようなわかりやすい問題は世の中からかなり減ったのではないでしょうか。これからはデジタル情報から課題を見つけだし、解決する能力が求められます。研修はデジタル技術を用いて新しい発見や価値を創造する研修(価値創造型)が中心になるでしょう。

オンラインをベースにしたグループワーク

従来の研修にはチームで協力する研修がつきものでした。研修生でチームを組んで課題を解決する研修です。経験したことがある方も多いのではないでしょうか。もちろんDXの研修でもチームで課題解決を行うことは重要です。ただし、今後はチームの作り方を今の時代に合わせてビルドアップする必要があります。例えばオンラインでチームを繋ぎ、(各々が別の場所にいる)ZOOMやslackなどを用いて会話をしながらチームで課題を解決していくなどして、オンラインでコミュニケーションを取るグループワークが今後は増えていくでしょう。

DXは専門性が求められる研修

DXの研修はビジネスマナーなどの一般的な研修ではなく、デジタル領域に特化した研修になります。

DX研修は技術面、ソフト面で専門性が求められる

DX研修はプログラミングやビッグデータ、データベース操作、クラウドなどの技術的な部分とビジネス志向やシステム設計、ITリテラシーなどのソフト面の習得が大事です。例えばJavaなどで実際にプログラミングを書いたり、SQLでデータ抽出をしたりする能力も必要でしょうし、仕様を固める考え方も重要です。デジタルを活用した新しいサービスのアイディア出しなども身に付ける方が良いでしょう。幅広いデジタル知識がDXの時代に不可欠です。

“誰に学ぶか”が社員の成熟度を決める

DX分野は幅広く、難易度が高いので誰に学ぶかが重要です。参考書をただ読み上げるだけの研修講師に学んでも成長はしづらいです。そのため元エンジニアや元SEなど専門知識を実際のお仕事で身につけた方が講師の研修代行会社がおすすめです。実際の事例に基づいた研修になるため即戦力の人材が育ち、会社の成長を助けてくれるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。
DXは今後の企業活動には欠かすことができない分野です。IT関連部署に限った話ではありません。

営業部はデジタルデータをプログラムで分析して戦略を練るでしょうし、経理部はムダなコストがかかっていないかを分析するようになるでしょう。ビジネスマンの肝の技術になると言っても過言ではありません。DXはそれほど重要だからこそ専門の会社に依頼して即戦力人材に育てていくべきです。最終的にはその人材が会社の資産になります。