世界各国から日本で働きたいと希望する人が来日し、職場のスタッフがグローバルする中、
なかなか企業に正社員採用されず、派遣会社に登録して仕事を得るという人も増えてきています。
外国人スタッフを契約を交わすには在留資格の確認や日本語能力の確認など、やるべきことが沢山あるだけでなく、
外国人スタッフ自身も日本のビジネスマナーを勉強する必要があり大変です。
そんな人材派遣業界で人工知能AIさくらさんがどのように活用できるのか、紹介していこうと思います。

  • 1)日本語でなくても大丈夫!多言語に対応している教育係に
  • 2)「言葉と文字だと想像できない」そんな時にはARで見て理解
  • 3)特殊な情報やデータも簡単に呼び出し管理できる

1)日本語でなくても大丈夫!多言語に対応している教育係に

外国人スタッフに限らず、派遣先で必要とされる知識や自らのスキルアップのために、事前研修や講座を受講する人は数多くいます。
外国人スタッフがそういった研修や講座を受ける際に壁となるのが言語です。
ワンツーマン型の実施であれば、慣れない日本語でもゆっくり確実に理解を進めることができますが、
多人数型の実施だと、日本人基準のスピードについていけず大変な思いをしてしまいます。

しかし、人工知能であるAIさくらさんは、多言語に対応しているだけでなく1度覚えたことは忘れないので、最高の教育係となります。
タブレット等、持ち運びできる端末でも使うことができるので、いつでもどこでも、学習を進めることができます。

2)「言葉と文字だと想像できない」そんな時にはARで見て理解

「音声で聞いたり、文字を読むだけだと、想像できない。」ということは数多くあります。
ちょっと複雑な操作を覚えなければならない時や、ビジネスマナーとして覚えなくてはならない立ち居振る舞いなどです。

そんな時には、AIさくらさんのAR技術を使えば、簡単に「やってみせる」ことで教えることができます。
例えば、操作方法が分からない機械に対してスタッフが端末をかざすと、
その機械の操作をARで再生させ、どこをどのように操作すれば良いのか理解することができます。

3)特殊な情報やデータも簡単に呼び出し管理できる

外国人スタッフと契約を結んだり、派遣先に紹介するには、特殊な情報やデータを集める必要があります。
例えば、在留資格の確認や期日、日本語能力検定の級数などです。
また、そのデータを派遣予定であるスタッフから集める際に必要な書式なども必要になります。

しかし、中々外国人スタッフを担当しない人にとっては、慣れない確認事項やデータの置き場所に四苦八苦してしまうことでしょう。
そうならないよう、AIさくらさんに覚えさせておけば、いちいち大量のデータから必要部分を探すということをする必要がなくなり、
業務負荷の軽減や時間短縮に繋がります。


進むグローバル化、合わせてライフワークバランスの見直しや就業人口の低下の中、人間がやるべきなのは、クリエイティブな仕事です。
ただ覚えるだけ、という単純な仕事は今後、人工知能やロボットが行い、人間はもっと重要な部分を担うべきです。
様々な国の人と仕事をするときもスムーズに進むよう、人工知能AIさくらさんがお手伝いさせていただきます。

Web制作のティファナ・ドットコムでは、AI接客システム「AIさくらさん(愛称:さくらさん)」の設置・導入サポートを行っております。
「AIさくらさん」のサービスの詳細については下記からご確認いただけます。

▼AI接客システム「AIさくらさん(愛称:さくらさん)」
https://tifana.ai/