ウィズコロナは効率的かつ安全なオンライン診療・AI遠隔診療に注目

具合が悪くなると病院に行くと思います。そんな時に人が多い、待ち時間が長いなと思ったことはありませんか?
新型コロナウイルスの感染流行で、前よりもさらにそうした気持ちになる人が増えていることでしょう。

特に今回のような感染症の場合は、人がたくさん集まるのは避けるべきです。
でも、だからといって病院に行かなければ困ってしまいます。
そんな中でも、人々が安心して受診できるように、遠隔診療が広まり始めています。

→関連サービス「AIさくらさん」ページはこちら

なぜ遠隔診療は良いのか?

1.人が密集しない

まず、言うまでもなく人が密集してしまうことを防ぐことができます。
今回の新型コロナウイルスのように、人から人へ感染してしまうような病気にかかった際に大いに役立てることができるのではないかと考えられます。
人が密集している場所に行かずとも診療を受けることが可能なので、風邪やインフルエンザなどの流行時期にも、院内感染を防ぐことができます。
病院内で病気をもらってきてしまうことは、本末転倒になってしまいますので避けたいところです。

2.移動の負担を軽減できる

へき地や離島、地方などでは、病院が近くになく、充分な医療を受けることが難しい人もいるのではないでしょうか。
そのような場所でもわざわざ遠くから足を運ぶことなく、診療を受けられるようになります。
また高齢者は病院へ行くための移動で体力を使うため、負担が大きいです。そうした移動への体力的・精神的負担を軽減させることにつながります。

3.待ち時間が軽減できる

皆さんが普段病院に行った際に、待ち時間がすごく長いなと感じたことはありませんか?
病院に行くだけでも、半日くらい使ってしまうことがあるのではないかと思います。
予約が出来たとしても、受診までに長い時間がかかってしまうこともあり、多くの患者さんの負担になってしまいます。

いつも飲んでいる薬をもらうだけなのに、そんなに待ちたくないという人も多いのではないでしょうか。
このような簡単な診療であれば、遠隔診療にすることで、待ち時間を少なくすることができます。
待ち時間が少ないことによって、病院へ行く障壁もぐんと下がるため、病気の予防や人々の健康を保つことにつながります。

4.専門医の不足をカバーできる

現状、特に難病指定がされているような病気は、専門的に治療ができる医師が限られています。
今までは病気の治療のために、専門医がいる遠くの病院まで足を運ぶ必要がありました。
しかし遠隔診療にすることで、遠く離れた海外の専門医師の診療も受けやすくなります。
事前に問診したり、経過観察を行う際には、遠隔診療が大いに役立てられるのではないでしょうか。

5.薬の受け取りと会計がスムーズ

今までは、薬は受診した病院もしくは近くの薬局で受け取るということがほとんどです。
しかし遠隔診療にすることで、必然的に薬の受け取りも、自由に家の近くの薬局などで行うことができるようになります。
また会計もクレジット決済やオンライン決済になるので、とても楽で便利です。
最近では少しずつ増えてきてはいますが、まだまだ現金のみでの支払いとなっている病院も多いのではないでしょうか。

6.予防やサポートに繋げやすい

遠隔診療にすることで、上記で挙げたようなメリットがあります。
これらにより、『病院で診療を受ける』ということの障壁を下げることにつながるのではないでしょうか。
障壁が下がることによって、診療を受ける人も増えるため、病気の予防につながります。
また、病院を退院したばかりの人や病気が治ったばかりの人も、少し心配なことがあった時に医師に相談したり、経過観察がしやすくなるのではないでしょうか。

AIの力で対面診療と遠隔診療のすみ分け

さて、これまで遠隔診療の良いところについて中心的に取り上げてきました。

しかし、ネックとなる問題があります。
それはどの程度の病気であれば、従来の対面診療を行うべきか、ということです。
遠隔診療では、実際の患者さんの詳しい状況が伝わりにくいこともあります。
そのため、決して全てを遠隔診療に任せ切るのではなく、すみわけて行う必要は出てくるのです。

そうした時に、まず蓄積されたデータからAIが診断を行うことで、診療の方向性を導いていくことにも役立てられるのではないでしょうか。

AIが患者さんを見守り

高齢者などにはAIカメラが見守りを行い、体調が悪化した時や様子がおかしい時にはアラートを出す、という技術開発も進められています。
人の手ではなく、まずAIが24時間365日見守り、瞬時にアラートを出してくれることによって、大きな急変が起きる前の予防策となってくれます。

AIに任せられるものは任せよう

これからの時代は新型コロナウイルスの流行による影響だけではなく、人手不足や高齢化によりさらに医療は厳しい局面に陥ってしまうのではないでしょうか。
そうならないためにも、IoTやAIの力で任せられることはどんどん積極的に任せていくべきだと思います。

→関連サービス「AIさくらさん」ページはこちら