政府が推進する「働き方改革」の関連法案が成立する可能性が高まり、

変化が余儀なくされつつある日本の労働環境。
労働人口が減少し、高度人材が希少になりつつあるなか、
労働時間の削減や生産性の向上などが呼びかけられていますが、
これらの内容に日々頭を悩ませている経営者の方も多いのではないでしょうか。

そんな中、それらの悩みを解決する技術として、人工知能が注目されているのはご存知でしょうか。
多様な業界で徐々に取り入れる会社が増えつつあるAI技術。
ここでは、具体的にどんな場面でAIが役立つのかをご紹介いたします。

7225a06576ce1157183dd9ea1d4e3fdf_s.jpg

人件費を下げつつ、労働生産性を引き上げるにはまず何をすればいいのか

「働き方改革」には様々な要綱が盛り込まれていますが、なかでも「労働生産性の向上」は、具体的に企業が
どのように行動を起こせばいいのかが曖昧です。

しかも、既に会社に貢献している社員に対して、今すぐに努力で一人当たりの向上を要求するというのは
なかなか難しい事かもしれません。
そのうえ、もし個人の意識や努力によって向上させられる範囲であるならば、
労働を美徳とする日本は、すでに世界ではトップレベルにあると言っても過言ではないでしょう。
「働き方改革」で求められている「労働生産性」とは、労働というシステム全体の見直しであるといえます。

pexels-photo-590016.jpeg

では、具体的にはどのようにすれば生産性を向上させることができるのでしょうか。
それは、「煩雑な業務は少しでも明確化する」ことと、「社員が余計な仕事に時間を割かれないようにする」ことです。
たとえ一つ一つの手間はほんの少しのものであったとしても、
それらが積み重なるとトータルの労働生産性は一気に低下してしまいます。

例えば、新入社員ではわからない業務が発生したとします。
たとえ先輩社員に尋ねてすぐに解決できる場面でも、労働生産性という観点から見ると、先輩には
「他の業務に割かれてしまう時間」が発生しています。
新入社員が自力で社内マニュアルで調べるとしても、該当の情報を見つけるのにかかる時間を考えると、
あまり生産的な時間ではないことは明らかです。

pexels-photo-990818.jpeg

こういった、日常の業務や教育で発生しがちな無駄を減らしていくことで、
それぞれが本来求められている業務に集中できる環境は、最終的には経営者にとっても大きな利益となります。
経営において人件費が占める割合は高いものですが、
特に人海戦術を推し進めている企業の場合は、無駄な時間の削減を突き詰めていくと、
「人手不足と思っていたがむしろ過剰だった」=【人件費率はもっと抑えられる】という事態も考えられます。

これまでマンパワーで「なんとかなる」「十分まかなえる」としていた部分を切り替えていくと、
生産性の向上のみならず、「働き方改革」で求められる賃金の引き上げや、
余剰な人件費の削減をも同時に実現することができます。

そして、今まさにこの問題の解決のために注目されているのがAI技術なのです。

「AIさくらさん」が実際に対応できる範囲は多岐にわたる

「AIさくらさん」が対応できる範囲は、店舗での接客やお問い合わせ対応、社内ヘルプデスク、
勤怠管理やマーケティングなど非常に多岐にわたります。
もちろん、AIに任せられる範囲が増えることは人件費の削減に直結することは言うまでもありませんが、
「AIさくらさん」の場合は、それだけにはとどまらない「+α」の価値も企業へ提供することができます。

例えば接客やお問い合わせ対応の場合、
さくらさんであれば日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語にも対応しているため、
海外からのお問い合わせ対応なども可能になります。

他にも社内ヘルプデスクであれば、「働き方改革」では高度外国人材の受け入れも推奨しているので、
複数言語に対応したマニュアルが設置できるというのは非常に大きな強みとなります。
さくらさんは対話形式で相手の欲しい情報を把握し、必要な情報だけを表示するため、
膨大な情報から該当するものを探し出すストレスとは無縁というのも嬉しいポイントです。

更に、質問された内容を記憶し、統計を取ることもできるため、
FAQからお客さまのニーズを引き出したり、情報をそのままマーケティングに役立てることもできます。

このように、「AIさくらさん」は「業務の効率化=労働生産性の向上」に貢献するだけでなく、
AIならではの情報収集・統計や、対面による接客対応などの「+α」までもを同時に実現することができるのです。

従業員の満足度向上にもつながり、人材の漏出を防ぐ効果も期待できる

少子高齢化が進み、今後は特に高度な人材であるほど需要が高まっていくことが考えられます。
どんな企業であっても、欠員によるノウハウの喪失や、
新たな人材の教育にかかる費用は、ますます見過ごせないものとなっていきます。

「働き方改革」の実現には、従業員が「働きやすい、働き甲斐がある」
と思える環境づくりも不可欠であるといえるでしょう。
これに伴い、すでに長期有給休暇や残業禁止、賞与の見直しなどを行っている会社も増えてきていますが、
まだまだ移行途中という企業も少なくありません。

このようなときに「AIさくらさん」がいれば、新たな環境づくりへの貢献はもちろん、
万が一の際のリスクを分散・低減させることが可能です。

たとえば、誰でも利用できる探しやすいマニュアルを完備することで、
高度人材の欠員が発生した場合にも業務が滞ることを防ぐうえ、新たな人員への引き継ぎもスムーズになります。
業務上の不明点がすぐに解決できる職場は、それだけでも従業員にとっては「働きやすい」と感じるポイントになり、
意欲の向上にもつながります。

先にご案内した通り、「AIさくらさん」は、
その人が「本来やるべき仕事にだけ集中できる」環境を整えてくれるため、
煩雑な業務による従業員のストレスを取り除くことにもつながり、結果として離職率の低下にも貢献してくれるのです。

まとめ

pexels-photo-590022.jpeg

このように、今後多様な働き方を容認していく「働き方改革」において、
AIは非常に貢献できる要素が多いと言えます。

たとえば、人材の長所を伸ばし、苦手な部分はAIに一任することで
より専門分野のプロフェッショナルを確保しやすくなったり、
これまでマンパワーに頼らざるを得ないと思われていた業務も、
AIにすべて一任できれば、より柔軟な経営が可能になります。

人材が多様化していく中、よりスムーズで経済的に会社を運営していくためには、
AIの導入は非常に価値のある投資と言えるでしょう。