新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、訪日外国人は約99%減少しました。しかし、日本に住む外国人はたくさんいます。 日本に在住の外国人であっても、災害が起きたときは、国の違いや文化の違いで慣れないことやわからないことも多いのではないでしょうか。 日本に住む外国人は、外国人同士のコミュニティーの中で暮らしていることも多く、その地域に即した最新の生活な情報を入手することが難しいという問題がありました。 そうした場合でも、AIさくらさんが多言語で避難情報や生活情報についての案内することで、困ったことを解決することができるようになるのです。

災害時の避難誘導や情報発信に困っていませんか。

昨今、地震や大雨、台風等の自然災害が日本では多く発生しています。SNSの発達の影響もあり、誰でも簡単に情報を発信することができるようになったことから、誤った避難情報や、詐欺情報など、災害時には多くの情報が行きかうということが問題として挙げられています。官公庁や自治体、公的機関は正確で有益な情報を国民に発信することが求められています。 AIさくらさんに情報の発信を任せることによって、膨大な情報の中から必要な情報を抽出し、発信することができます。もちろんインターネットが繋がっていれば、どこからでも確認することが可能です。

人手不足に困っていませんか。

緊急時の対応について、人手不足を感じることと思います。 AIさくらさんであれば、24時間365日稼働することが可能になりますので、人の負担を軽くすることができます。 突発的な事象が発生した場合は、情報の発信などの優先度が低くなってしまいがちです。 こういったAIさくらさんに任せられる仕事は、どんどん任せていくことにより、被災の際にも適切な対応ができるようになります。

多言語対応に困っていませんか。

自治体の課題となっているのが、外国人への災害情報の提供です。現在はコロナウイルスの影響で訪日外国人はほとんどいませんが、日本に住む外国人もいます。災害の緊迫した状況の中では、なかなか正しい情報を入手しにくいという現状があります。 そうした時にも、AIさくらさんは、多言語に対応していますので、皆さんに正しい情報をお届けし、困ったに答えることができます。