コールセンター業務も、新型コロナウイルスへの感染対策の一環で「在宅化」が進んでいます。
在宅業務に移る為にも、マニュアルが持ち出せない、設備が整っていない、音声が気になるなどの問題が挙がっており、これらの解決が急がれています。ですが、これらの問題を上手く解決することが出来れば、コールセンター業務は自宅で行える仕事へと変化することが出来ます。
マニュアルのペーパーレス化やオンライン研修の充実による業務の効率化や人材育成だけではなく、AIによる質問内容への一次受け、チャットでの対応など、業務負荷軽減も行うことが可能です。

ただ、感染対策という名目だけではなく、アフターコロナの行動にも目を向けることで、コールセンター業務は良い方向へと大きく変化することが出来るでしょう。

オペレーションのペーパーレス化が進まず困っていませんか?

システム化が進んでいるものの、電子化されていない紙の業務マニュアルが多い。業務マニュアルなどが機密情報保護の観点から持ち出すことが難しい。そうしたマニュアルも、セキュリティが担保されているAIさくらさんが学習することで、マニュアル確認の時間を短縮することも出来、業務効率化にも繋がります。また、在宅化へと乗り出す一歩にもなるでしょう。

コールの品質担保とストレスマネジメントに困っていませんか?

AIさくらさんは、オペレーターの教育マニュアルとなり、コールの品質担保をサポート、新人スタッフの指導や研修も行います。質の高い対応は顧客満足度の向上につながり、やがて企業を発展させます。また、シビアな内容・イタズラのような内容もさくらさんが対応し、スタッフのストレス軽減も行います。オペレーターの業務負荷の改善にも繋がり、サービスクオリティを下げずに感染予防対策へ取り組むことができます。

在宅業務化に困っていませんか?

コロナウイルスの流行に伴って、コールセンター業務も在宅でしようという動きがあります。在宅化するにあたって、電話口では受けなくても良いような質問にまで対応してしまっている問題があります。AIさくらさんは、電話での1次対応だけではなく、FAQの充実化やチャットでの対応などの電話対応以外の方法の強化でも、業務のサポートを行います。