新型コロナウイルスの影響で医療現場は大混乱に陥りました。 毎日感染のリスクを身近に感じながら、患者の対応にあたっている医療従事者の心的ストレスは計り知れません。 また医療現場での感染予防はこれまで以上に徹底しなくてはならなくなりました。 こまめな除菌、検温の徹底、マスク着用の案内に透明な仕切りの設置と数えだすときりがありません。 これらのことが通常時でも忙しかった業務に上乗せされて現場は疲弊しきっています。 患者側も感染を恐れて通院を敬遠している状態です。 このままだと早く受診していれば重症化しなかった病気も、 通っているから気付けたちょっとした症状の変化にも気付くことが遅れ、 最悪の事態にも繋がってしまうことでしょう。

コロナ禍で感染予防対策の業務が負担になっていませんか?

定期的な待合室の除菌、全ての外来患者の検温、患者さんへ対策の案内など医療従事者の業務負担が新型コロナウイルスの影響で増えています。本来の業務がある上にこれらの業務が上乗せされては、本来やるべき業務に集中できません。AIさくらさんが検温作業や受付での案内を担ってくれます。入口に配置することで熱が高い患者が来院した際にはアラートを出してくれます。 受付では自動音声案内での誘導も可能です。このように日々の業務を支えてくれる、AIさくらさんの導入をおすすめいたします。

診察機会が減って患者の管理が不十分になっていませんか?

対面での診察を敬遠する患者も多く病院に行き辛くなっている昨今、定期的な診察の機会が少なくなっています。これまでは直接診ることで適切に診断出来ていた患者の管理も、診察の機会が減ったことで不十分になっています。このままでは患者のちょっとした変化に気づくことが遅れ、適切な処置も出来なくなってしまいます。病院に行かなくても、WebサイトにAIさくらさんを導入すれば会話形式でAIさくらさんが病状やケガの容体をヒアリングしてくれます。そしてヒアリングした情報を元に適切な診断をすることが可能になります。接見回数が減っている今だから出来る遠隔診療を、AIさくらさんで実現してみてはいかがでしょうか。

医療従事者の心のケアは出来ていますか?

コロナ禍で大変なのは何も患者だけではありません。むしろ感染のリスクを常に抱えている医療従事者こそ一番大変な状況にあります。当然日々抱える悩みやストレスはこれまで以上に増加しているはずです。その結果医療現場から退いてしまう人が増加している状況です。そこでAIさくらさんが心の支えになってくれます。誰にも言えない悩みでもAIであれば気兼ねなく話すことが出来ます。悩みを抱えた従業員の心の不調を早期発見し、悪化を防ぐ手助けをしてくれます。患者を治すことももちろん大事ですが、その患者を診る医療従事者の心をケアできるAIさくらさんの導入をおすすめいたします。