昨今、美容やエステは以前よりも身近なものになっており、自宅でケアできる美容家電などは一般女性でも手に入る金額になっています。

そんな中、エステ業界では「エステに行くのは大変、だけど美容家電よりいい機材でケアしてみたい…」という欲張りな女性の要望に応える新しいエステ「セルフエステ」という形態のサロンが東京の各地にオープンし始めました。

そんな、セルフエステの問題点とその改善方法をご紹介します。

セルフエステとは?

セルフエステとは、個室に最新のエステ機材が設置してあり、自分で自由に使える施設です。定額制で、いつ、どんなタイミングでも自由にエステを楽しむことができるそうです。施術にエステティシャンは必要ないので、人件費カットによるコスト削減が期待できます。

セルフエステの現状と問題

しかし、人件費削減に取り組んだ結果「接客対応の品質低下」といった課題が出てきました。

たとえば…
・自分に合った機器の使い方がわからない
・誤った使い方により、効果が出ない、健康被害が出る、機材を壊してしまうなどの恐れ
・人がいっぱいで機器が満足に使用できず、費用に見合った体験を得られない

こういった、人員削減・利用者増加に伴う問題を解決できるのが、AI です。AIは今、人に変わって業務を行い、人件費削減と対応品質の向上に貢献しています。

AI でできること

弊社には、対面接客や社内の業務を人の代わりに行ってくれる、AIさくらさん、というソリューションがあります。
フロア案内やおすすめ商品の提案、雑多なお問い合わせの一時対応などを行っています。
また、AIさくらさんは IoT連携 も可能ですので、カスタマイズによって用途は様々です。

実際にどのように使われているかは、こちらの導入事例をご覧ください。

美容業界の AI 活用方法

では、美容業界でAIを使うと、どのようにコスト削減、品質の維持、向上を行えるのでしょうか?

・基本的な機器の使い方・注意事項はAIさくらさんがレクチャー

マニュアルなど説明、掲示していてもなかなか確認してもらえず、結局店員さんに聞く…といった人が多い場合、その理由は、マニュアルの中から自分が本当に欲しい情報を探しきれない、または探すのが手間だからです。
ですが、AIさくらさんであれば、わからないことを人に聞くのと同じように質問したり、AIさくらさんによる聞き返しを行うことで、本当に知りたい情報に導いてくれるので、探す手間がなく様々な方に利用してもらうことができます。

・AIさくらさんがお薦めを教えてくれる

AIさくらさんと会話を行うことで、ユーザーが何に悩んでいるのか何を使うと効果的なのかを判断し、おすすめの器具や使い方を紹介することができます。これもさくらさんとユーザーの間で質疑応答を行いながらユーザーが本当に知りたいことに導く、対話形式のAIさくらさんだからできることです。

AIさくらさんを活用することで上記のようなユーザーに合わせた接客、対応を行えるようになり、人と同じもしくはそれ以上の対応品質を実現することができます。

まとめ

セルフエステの問題点と改善方法はいかがでしたでしょうか?
セルフエステにとどまらず、他の業界でも人員削減を目指す企業であれば共通する部分もあったと思います。ぜひAIさくらさんを活用して人の負担を減らし、コストの削減を実現させましょう。