ホテルやレストラン、販売業など、接客が必要とされる場面はあらゆる業界に存在するうえ、
これからも時代のニーズに応じたサービスの改善が必要となってきます。
そんな接客の現場において、昨今急増しているインバウンド対応や、マーケティング等に
貢献できる人工知能の導入が注目されていることはご存知でしょうか。

ここでは、既に多様な業界に導入され、実績も豊富な「AIさくらさん」がどのように活用されているのか、
その事例も含めてご案内いたします。

「空気も読める」最先端の技術を備えた接客AI

「AIさくらさん」は、数あるAIの中でも特に「接客」の分野に導入しやすい人工知能である点が特徴です。

たとえば、利用者の目線や表情を読み取り、場に合わせた表情で対応を行える
「空気が読めるAI」としてメディアに紹介されたこともあり、
他にも、最先端の音声認識技術により自然なコミュニケーションを実現するなど、
「人とのコミュニケーション」を前提にしているAIだからこその利点が挙げられます。

そんなさくらさんは、既に接客のために導入された実績もあり、
各地のショッピングセンターや店舗において、人の代わりに対応することで業務効率化に貢献しています。

マナーはもちろん、企業ごとの「コツ」まで押さえた接客ができるので、
これまでの企業イメージに沿った柔軟な設定が可能である点も、「AIさくらさん」の魅力です。

どんな客層も気軽に利用できる窓口を用意できる

雑貨店や書店のように、広い売り場で様々なジャンルの商品を扱っているお店の場合、
お客様が目当ての売り場を見つけるのに苦労してしまう場面があります。

こんなとき、商品の場所をご案内するための端末は様々な店舗で見かけますが、
ここにAIを搭載した場合は、より柔軟なご案内も行うことが可能になります。

たとえば、お客様の好みをヒアリングし、その中からおすすめのものをリストアップして提示したり、
モノやサービスのアピールポイントも合わせてご案内することで、購入の機会を獲得することにも繋がります。

また、「わざわざ忙しそうにしている店員さんに聞くのは気が引ける…」と遠慮してしまうような
場面やお客様についても、AIが相手ならば質問しやすくなるという点もメリットと言えます。
さらに重要なのは、「AIさくらさん」が4ヶ国語に対応できるという点です。
最近は様々な場所で外国語を耳にする機会が急増していますが、
自然に対応できる店員の数はまだまだ限られているのが実情です。

そんなとき、さくらさんを導入したサイネージなどがあれば、
英語、中国語、韓国語のお問い合わせにも常に対応することが可能です。

ますます利用の割合が増えていくインバウンド客に対しても適切な商品案内が可能になれば、
売上に貢献するだけでなく、今後の集客も有利になります。
外国人利用者に評判のいい2Dアニメーションキャラクターは、企業に合わせてカスタマイズもできますので、
「会社の看板キャラクター」を設置したり、既存のキャラクターを案内役にするといったことも可能です。

もちろん、販売業のみならず、ホテルの受付やレストランの待ち列など、
これまでは人が接客を行っていた様々な場面にも柔軟な運用が可能です。

他にも、音声と文章の両方で案内が行えるため、障がいの有無にかかわらずサービスを行えるという点も
AI接客の大きなメリットと言えるでしょう。

人だけでは実現が困難な環境改善やマーケティングにも貢献

これまでは、「人の代わりにどんなことができるか」を中心にご案内しましたが、
さくらさんは他にも、人では難しい情報収集や環境の改善にも役立っています。

「AIさくらさん」は受けた質問を記憶・統計することもできるため、
もし「○○という商品の場所の質問が多い」ということがわかった場合は、
そこまでの導線の見直しを行うなど、集積したデータを実際の売り場作りに役立てることもできます。

また、「売り場にはないがお問い合わせの多い商品」といった、
売上データだけではわからない「潜在的な需要のある商品」についても把握しやすくなります。

こういった、人だけでは改善や把握が難しい部分に客観的なデータを示したり、
マーケティングの要素にも貢献することができるのも、
「AIさくらさん」を接客の現場におすすめしたい理由の一つであると言えます。

まとめ

「AIさくらさん」は、幅広く柔軟な対応が求められる接客の分野において、
人とのコミュニケーションに長じているという点で有利なAIであることが特徴です。

インバウンド接客や障がいのある方の利用など、想定される様々な状況に即した対応が可能であるうえ、
既に複数のショッピングセンターや店頭に導入されているという実績も備えています。
企業ごとに様々なコーディネートも可能な「AIさくらさん」の導入は、
「接客」というテーマにおいて、これからの時代のニーズに対応していく上で大きな戦力となってくれるでしょう。