1. AIさくらさん(旧KIZUNA)TOP
  2. コラム
  3. 金融
  4. 【人工知能(AI)×証券】ユーザーの不満を解消する人工知能型サポートサービス

【人工知能(AI)×証券】ユーザーの不満を解消する人工知能型サポートサービス

【人工知能(AI)×証券】ユーザーの不満を解消する人工知能型サポートサービス

2016年09月16日 藤田

世間はやメディアでデフレデフレと連呼していて、なかなか景気回復したとは言えない状況ですね。
こんな状況だからこそ何とか収入を増やしたいと、個人投資家が年々増えているようです。

まぁ、2014年からNISA(少額投資非課税制度)が、今年(2016年)からはジュニアNISAがスタートするなど、政策として投資を促し、経済活性化を図っているので何となく分かるような気もしますが。

そんな分けで、一般の人が取り合えず株を始めようとネットで調べてみるものの、何をすればよいのかなかなか分からない。

分かりやすく説明しているサイトは多いのですが、如何せんどれが自分に合っている情報なのか、見つけることができず挫折する人も結構いるかも。

証券会社のみなさん!新規顧客の取りこぼしがあるかもしれませんよ!

これをWebで解決できるのはティファナの「KIZUNA(キズナ)」しかない!(というわけで弊社サービスのお話し)

fujita_kizuna_160917_01.jpg

ユーザーは迷っている!

そもそも種類が多すぎです!(一般代表の声と見せかけた私の声)

投資といっても、株式投資、国債、社債、投資信託、外貨預金、FX。。。
更には、先物取引、信用取引、現物取引、レバレッジ、空売り、デリバティブ取引、オプション取引、スワップ取引。。。

いったい何から始めれば良いのか!

証券会社側も、分かりやすく説明するために、目的別のページを作ったり、サイト内検索を設けたりしてくれていますが、
ユーザー側が明確な目的を持っていないと、結局迷ってしまいます。

ユーザーとしては、
「子供が生まれたから、もう少し収入を増やしたい」
といった、フワッとした感じの目的でサイトを探して来たりするものです。

実際の店舗であれば、対面で話が出来るので、
「子供の教育資金でお考えならば、元本重視で国債が良いでしょう」
「ジュニアNISAが始まりましたので是非利用しましょう」
などアドバイスできますが、
ネットではユーザーに行動を任せるしかありません。

そうなると、「本当はこれを知ってもらいたい」なんてことを素通りされたり、気付かれなかったります。

fujita_kizuna_160917_02.jpg

待ってました!ティファナの「KIZUNA(キズナ)」

対面式でユーザーと話せたら。。。
それが出来るのが、ティファナのサービス「KIZUNA(キズナ)」!

「KIZUNA(キズナ)」はWeb上で出来る、自然言語の対話型システムの事です。

Webサイトにチャットフォームを設け、そこに会話のような言葉を入力してもらう事で、ユーザーの問題を解決する事が出来ます。

会話のような言葉の入力でよいので、先ほどの場合ですと

  ユーザー    :「子供が生まれました」
   KIZUNA(キズナ) :「おめでとうございます!教育資金をお考えですか?」
  ユーザー    :「はい」
   KIZUNA(キズナ) :「それでしたら元本確保が重要ですので、国債がよろしいでしょう」

このように自然な流れでユーザーが求めている情報を伝える事が出来るのです。

またこの会話形式というのがユーザーにストレスを与えずに操作できるので、高齢者に対しても良いんですね!

更に人工知能(AI)によって、自動的に成長していくシステムなので、
小まめなチューンアップなどせずとも、最適な回答を導き出すことができる優れものなのです!

まとめ

以上、弊社サービスの紹介でした。

こちらのサービスは音声認識と合わせて、スマホ対応や、アニメーションと連動をして、自社キャラクターを認知させるなどいろいろなサービスに応用が出来ます。

コールセンターを持っている企業では大幅なコスト削減も可能です。

日々ニーズが変わるユーザーへの対応に導入してみてはいかがでしょうか?

関連コラム

AIさくらさん(旧KIZUNA)
についてのお問い合わせ

AIさくらさん(旧KIZUNA)についてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ