人材不足が深刻な問題となっている介護施設で、いま、ロボットが活躍しています。
人工知能(AI)を搭載したヒト型ロボが、お年寄りの気持ちを癒やしていて、人間に対するときよりも思いやりの気持ちが強くなることがわかってきたそうです。

  • 1)来る2025年問題に向けて、医療・介護業界の人材確保は急務
  • 2)人工知能(AI)搭載ロボットが、介護の現場で活躍
  • 3)AIさくらさんのAI技術が、より「ヒト」に近いコミュニケーションを実現

1)来る2025年問題に向けて、医療・介護業界の人材確保は急務

団塊世代の方々が高齢者に達する、いわゆる『2025年問題』。
いま医療・介護業界では、人材不足の対策が重要な課題となっています。
要介護者の孤立問題や、施設の人材不足によって、介護側の負担は今後も増えていくでしょう。
そんな業界内で、いま対策として注目されているのが、人工知能(AI)を搭載したIoT家電や、ロボットでの介護です。

2)人工知能(AI)搭載ロボットが、介護の現場で活躍

IoT家電の役割は「見守り機能」です。実例を挙げると例えば、電気ポットにIoT技術を搭載し、お茶を飲む要介護者がいる家庭では、彼らがポットを使用すると、メールで遠隔地の家族に安全状況をお知らせしてくれるサービスです。これは要介護者の状況を把握するための便利な機能となっています。エアコンやセンサーと連動し、より快適な気温を自動的にコントロールする技術も発達しています。

もう一つの役割は『コミュニケーションロボット』です。
介護施設の現場で、若い介護スタッフに話しかけられるよりも、ロボットから指示を受けた方が、なぜかスムーズにコミュニケーションが取れるという結果が出ているそうです。物珍しさに加えて「ロボットに怒っても仕方ない」と、なぜか気持ちが温和になるのだそうです。当然、スタッフ側の負担も軽減されます。

人材不足により、介護側が24時間365日対応するのはかなりのハードワークになります。こういったAI技術を活用し、介護業界の負担を軽減していくことが重要です。

3)AIさくらさんのAI技術が、より「ヒト」に近いコミュニケーションを実現

AI技術の特性は、憶えた言葉をディープラーニング(学習)し、より「ヒト」に近いコミュニケーションを作り出す点にあります。
通り一遍の単純な会話ではなく、実際に人と会話し、満足度を上げることが出来ることにより、人材不足を解消する大きな役割を担うテクノロジーとなっていくでしょう。

人工知能(AI)を搭載した家電やロボットが、今後さらに普及していくことで、介護業界の未来を明るくしてくれると期待しています。