人工知能(AI)でサービス産業の働き方改革

緩やかに拡大しつつある日本経済。中でもその占める割合が高いのはサービス産業です。そのため、生産性の向上や活性化の実現は経済全体に大きな影響を及ぼします。
そんな中、新しいサービスニーズは「BtoB」でも「BtoC」でも次々に生まれています。しかし、今後数十年続く少子高齢化よる人手不足の解消や業務効率化は大きな課題として挙げられます。
今回、このような問題を人工知能(AI)で解決できるということをご紹介いたします。

人手不足によるサービス業の課題

サービス業は、人である以上その人の個性や技能が異なるため、同じサービスが不可能な「非反復性」や顧客1人1人のニーズに合わせてサービス提供をしなくてはならない「個別性」、ニーズや流行は時代や環境によって変わるためそれに合わせなくてはならない「新規性」という特性があります。

そういった特性からサービスの「品質評価」や「見える化」が、サービス提供者と顧客を繋ぐための重要な課題になっています。しかし、今でも人口は減少しており、人手が足りていない状況で業務の効率化が必要になっています。

そこで、1人1人に合わせたサービスの提供・質の統一化・変わっていくニーズへの対応をしっかりとしていく必要がありますが、その人員も減っています。
これらの問題を人工知能(AI)で解決することによってサービス産業、日本経済全体の活性化にも繋がります。

1)人工知能(AI)でニーズの「見える化」
2)顧客1人1人に合わせた対応
3)人工知能(AI)× SNS連動

上記3点に分け弊社サービス、人工知能(AI)に「AIさくらさん」を活用することでどのようにサービス業界の課題を解決できるのかをご紹介いたします。

1)人工知能(AI)でニーズの「見える化」

提供するモノが顧客の求めるニーズと合って初めてサービスの提供が成立します。
しかし、ニーズを知るには顧客の声を直接聞くかアンケートを行なって調査する必要があります。
「AIさくらさん」は会話をログとして残すことができ、それをデータとして可視化することができます。
人とは違い人工知能(AI)のため、人には直接言いづらい内容や雑談といった他愛のないことまで気軽に話しかけやすいというメリットがあります。
その集めた声の中に今まで見つけることが出来なかったニーズを発見でき、集めた声のデータをマーケティングに生かすことが出来ます。

2)顧客1人1人に合わせた対応

「AIさくらさん」はセンシング機能と連携し、カメラを取り付けることで顧客の「属性」「年齢」「表情」を読み取ることが出来ます。
「AIさくらさん」のカメラは、その人がどういった質問や行動をしているかをデータとして残し、以前訪れた人が再度訪れたときには、以前の行動分析をもとにその人に合わせた対応や提供を行ないます。
訪れた人にぴったりの対応は、顧客満足度につながります。
世の中では人手不足が深刻化していますが、「AIさくらさん」を導入することで、人が足りていない中でもこのような業務を担うことができるのです。

3)人工知能(AI)× SNS連動

カメラ連動のほかにTwitterやInstagramといったSNSとの連携も「AIさくらさん」の機能のひとつです。
CMや広告に対しての信憑性に低下しつつある中、SNSに投稿されたリアtルな声は1番の評価になります。
SNSに投稿されたリアルな声は1番の評価になります。
SNSに「#」が付いている投稿をリアルタイムですぐに画面上に表示し、ユーザーのリアルな声を載せることができます。
SNS利用者は9割を超え、情報を知る大切な手段になっているため、宣伝効果が見込めます。

人の代わりは人工知能(AI)に

顧客のニーズに合わせた情報提供は顧客満足度につながります。
それは時代の流れと環境、流行によって、いつどのタイミングで変わるかわかりません。
常にニーズを追求しなくてはならない中、現在進行形で動ける働き手が不足しています。
労働人口が少なくなれば1人当たりの業務量は増えその人に合わせた対応の質も落ちてしまい、結果的に購買チャンスを失いかねません。
サービス産業での業務効率化は、経済全体を活性化させ拡大していきます。
今まで人がしていたようなことを「AIさくらさん」が担ってくれます。
動ける人工知能(AI)で業務を効率化しましょう!