物流・運送業界においても、コロナウイルスの感染拡大の影響を受けています。昨今続いていた人手不足に拍車がかかる中、突然の物資の買い占めによる運送の需要増加等、多くの影響が出ています。

そのような状況下で求められることは、業務の効率化です。荷台の温度管理・走行状況ののデータ集計、盗難リスク軽減のためのセキュリティ対策・・・。円滑に業務を行えるよう、AiやIoTの力を駆使して解決できることは沢山あります。業務負担を軽減させることにより、人手不足解消にも繋がっていくことでしょう。

AIやIoTの力によって任せられる仕事は任せ、ドライバーが安全に走行できるような体制を整えていきませんか?

荷台の温度管理・走行状況のデータ管理や集計に困っていませんか?

長距離トラックでは、途中のパーキングエリア等でドライバーが仮眠を取っている場合でも、トラックの荷台の温度を常に監視している必要があります。AIさくらさんならば、適温から温度が変化した場合、メールでアラートを知らせることが出来ます。また、車両がどのルートを通ったか、荷台が何度であったかも運転日報として記録するので、そのデータを集計・分析し、走行ルートの最適化をAIで行わせることも可能です。

積荷の防犯対策に困っていませんか?

トラックから離れた際に、盗難にあうリスクがあります。AIさくらさんのIoT連携機能を使用することによって、セキュリティを高く保つことができます。トラックの荷台を開閉する際にドライバーが毎回、鍵を閉めなくても顔認証によって自動的に開け閉めさせることができます。ドライバー本人以外は開けられないようにするだけでなく鍵の閉め忘れも防ぎ、盗難リスクを軽減させることに繋がります。

車両の整備に困っていませんか?

ドライバーの仕事は、運転だけではなく、車両の整備も重要な仕事の1つです。物流の生命線であるトラック自体の整備もAIさくらさんのAIとIoT技術を駆使することで、タイヤの空気圧状況や微細な振動の異変から車両の異常を即座に知らせることが可能です。今まで人の目で行ってきた整備をAIさくらさんに任せることで、ドライバーの負担は大きく軽減します。全車両の状況や整備が必要となる時期などの予測し、事故を未然に防ぐことが出来るようになります。