少子高齢化が急速に進む日本では、社会保障の問題、とりわけ介護に関する課題は避けて通れないものになっています。巷ではコロナ禍の影響でいっときの人手不足の声は沈静化しましたが、介護業界では介護を必要とする高齢者の増加に伴い、介護職員の人手不足は慢性化しています。また、介護は対面サービスが必要になるため、被介護者と介護職員の双方に感染リスクをはらみ、介護現場における介護職員のストレスは大きなものとなっています。そして、老老介護や認認介護の問題にも取り組んでいかなければなりません。 年々増える要介護者数。介護職員の待遇改善を含め、私たちがWebとAIの力で改善できることはないのでしょうか。

コロナ禍の影響で介護人材が不足していませんか?

感染リスクを危惧し介護職員が休職している現場が多くあります。AIさくらさんのIoT連携機能を使うことで、被介護者の心拍数や血中酸素飽和度に異常があった際、AIさくらさんが知らせてくれますので介護職員の負担が軽減されます。人との接触機会を減らし、少ない人手で介護サービスを提供することができますので、介護職員の休日確保にも寄与します。

介護施設への入所待ちの方はいませんか?

要介護者が増え続けることで、介護分野の需給バランスが崩れはじめています。在宅介護、特に老老介護では介護のやりかたに悩むケースも出てくることでしょう。AIさくらさんのリモート機能を使うことで、介護施設側から適切な介護アドバイスを行うことが可能となります。AIさくらさんは、介護施設への入所待ち対策でも活躍します。

高齢者の見守りは十分ですか?

コロナウィルスの流行に伴い、人との接触機会が自粛されるようになりました。これによる高齢者の孤立化も懸念されています。被介護者がどこにいるのかの情報や、人の動きや部屋の明かりの点灯状況が異常な場合にお知らせする機能をAIさくらさんに付与することで、AIさくらさんが被介護者の安全を見守ります。また、AIさくらさんと会話することで孤独感も解消されることでしょう。