どこの誰かわからないユーザー(unknownユーザー)は宝の山

eloqua(エロクア) やMarketo(マルケト)など、国内でもマーケティングオートメーションの認知度が徐々に上がってきています。

MAツールでリードナーチャリングするためには、前提として、ユーザーの行動と紐づけるためのメールアドレス等の顧客情報が必要となります。
例えば、企業が行うセミナーや展示会、日々の名刺交換で蓄積した顧客データと紐づける事もあるでしょう。

しかし、これらの顧客データを持ち合わせていない場合は、個人を特定できないため、ユーザーの行動履歴をデータ化することができません。

例え、顧客データを保有していたとしても、それ以外の個人を特定できないユーザー(unknowユーザー)に対してのアプローチは難しいと思われます。

サイトに訪問しているということは、少なからず見込みのあるユーザーということ。
通常、Webサイトへの訪問ユーザーのうち顧客情報を取得出来ているのはたったの2%で、残りの98%が個を特定できないunknownユーザーです。

この98%のunkownユーザーたちを特定し、新規顧客に育成する事ができたらとーっっても便利ですね。

そんな夢のような話があるんでしょうか。

ありました。unknownマーケティング(UM)の登場

そこで登場したのが「unknown(アンノウン)マーケティング」と呼ばれるマーケティング手法です。
サイトにアクセスしたユーザーの付帯情報を取得し、ユーザーの行動履歴を計測できるのです。
ティファナアンノウンマーケティング

詳細なサービス情報は上記リンクよりご覧ください。

個人情報を取得し、「リード化」することをゴールにする

unknownユーザーの個人情報まではもちろんわかりませんが、ユーザーの行動履歴をセグメントし、それぞれに違ったアプローチができるのは、MAツールとほぼ変わりません。

しかし、取得できる情報も限られているため、MAツールほど精緻な行動特定や、売り上げに直結するようなところまでのナーチャリングは期待できないと思って良いでしょう。

unknownユーザーのゴールは、Webサイト上でメールアドレス等の個人情報を取得するところまで、と考えたほうがよさそうです。
(Ex:ホワイトペーパーをダウンロード、メルマガ登録、会員登録など)

個人情報を取得してからは、前述したeloquaなどの多機能MAツールのほうが圧倒的なパフォーマンスを発揮します。ただ、現状そのようなMAツールではunknownユーザーへのアプローチはできないのです。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

アンノウンマーケティング(unknownマーケティング)

マーケティングオートメーション

Webマーケティング支援