目次
– 接続性について考えてみる
– 新しいタイプの顧客について考えてみる
– マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる

接続性について考えてみる

マーケティングの巨匠であるフィリップ・コトラーさんの「マーケティング4.0」という本を読み、
自身の行動、振る舞いについて考えて見ました。
マーケティング4.0では、接続性という言葉が何回も出てきます。
現在、メディアと人の接続にはスマートフォン(ダブレット端末、ノートパソコン)に代表されるスクリーンが利用されており、
生活の一部として利用されています。
スマートフォンで、買い物をしたり、ものを検索したり、テレビを見たり、映画を見たり、会話したり、音楽を聞いていたりしています。
インターネットが登場し、かつてのマーケット手法(例えば、ある製品を作り、マスメディア、広告を使って市場に参入させるやり方)が通用しない時代に突入しているというものです。
人は、製品を認知すると、スマートフォンを利用して調査します。調査方法は、色々あります。
実際購入した人のレビュー、ソーシャルメディアでの評判を入念にチェックし、買うか?買わないのか?を判断し、購入に至ります。
今までの手法は、縦の関係(メディア・広告から始まり人に伝える)から横の関係(メディア・広告と人)になりつつあります。
メディア・広告を信用せず、ソーシャルメディア、レビューサイトのコミュニティーを信用する傾向にあります。
このようにメディア・広告の本来の役割、形が変わりつつあります。
メディア・広告の役割とは、「へー、そんな商品があるんだ!」「面白そうな商品だな!」という認知までが役割なのです。
認知から購入に進むためには、メディア・広告ではなく、実際購入した人のレビュー、ソーシャルメディアでの調査段階を経る必要があります。
新しいタイプの顧客について考えてみる
フィリップ・コトラーは、新しいタイプの顧客(セグメント)について3つを挙げています。
– 若者
– 女性
– ネティズン
この3つです。

若者

若者は、アグレッシブでありスマートフォンを駆使しながら様々なものにチャレンジする傾向があります。
また、若者は、アーリーアダプタ(早期採用者)になると言われています。
確かに、若者から様々な文化が生まれています。文化を作るのは、大人ではなく若者だと実感しています。
ゲーム、音楽、旅行、映画(Netflixなど)、ほぼ全てが若者の文化から始まっています。

女性

女性というセグメントは大変重要なキーであると言われています。
女性の特徴として、3つ挙げており、「インフォメーション・コレクター(情報収集化)」「ホリスティック・ショッパー(全体をみて判断する買い物客)」「ハウスホールド・マネージャー(家庭管理者)」とのことです。
女性は男性とは違い、あらゆる情報を収集し、比較検討し、最善な方法を見つけ、商品を購入すると言われています。
また、女性は多くのタッチポイント(ブランドと顧客の設定)を経験すると言われています。
さらに女性は、家庭の財務責任者であることから、商品購入の最終ジャッジをする立場であります。

ネティズン

ネティズンは、ソーシャル・コレクターと言われており、繋がることが大好きなだと言われています。
facebook、Twitter、Instagramなどで様々な人種と会話し、ネットワークを構築します。
メディア、商品、サービスを賛同したり、批判したり、創造したりして活動します。
ネティズンは、自分のアイデンティティーを明かさず、
自分の意見を表明するので、攻撃的になりやすいと言われています。
一方、ネティズンは、熱烈な伝道者だと言われています。メディア、商品、サービスを熱烈に応援すると、
それを人に勧めようする傾向があるようです。

マーケティング4.0におけるAI/WEB制作会社としての行動について考えてみる

これまで、持続性、新しいタイプの顧客(セグメント)について記載しましたが、
AI/Web制作会社であるティファナ・ドットコムとして、どのような行動を取るべきなのか、考えて見ました。
弊社のサービスは、大きく3つあります。
– Web制作(システム開発)
– AIサービス
– RPAサービス
弊社のサービスは、主にBtoBの要素が強く、若者、女性、ネティズンをターゲットにした商材(サービス)ではないため、
顧客とのタッチポイントが少ないという悩みを抱えています。
これらの問題を解決するため、最近、ティファナ・ドットコムでは、AIさくらさんちゃんねるというチャンネルを開設しました。
https://www.youtube.com/channel/UClGAD6rQnYucY57OmPqxXbA
AIさくらさんは、昨今、ソーシャルネットワークで話題になり、多くの若者、女性、ネティズンに注目されました。
WebサイトのPV数も爆発的に伸びました。多くの方に認知されたのだと実感しています。
AIさくらさんというブランドを立ち上げ、4年強になり、様々な方にご利用されるように頑張っていきます。