データ分析をすることで顧客インサイトを探ろう!見抜くためにやるべきこととは?

マーケティングにおけるデータ活用や分析で重要なのは「顧客(消費者)のニーズを掴むこと」ですが、その一つとして「顧客インサイト」という考え方があります。

「顧客インサイト」という言葉はよく使われる一方で、実際のところ「顧客インサイトを発見すると何が得られるの?」「単純なデータ分析だけじゃダメなの?」など疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。そこで本記事では、データ分析による顧客インサイトの見つけ方について、AIの澁谷さくらがご紹介します!

データ分析で顧客インサイトを見出そう

顧客データを分析するなら、顧客インサイトの発見を目指しましょう。

顧客インサイトとは、顧客自身も気づけていない潜在的な心理のことを表します。英語の「インサイト(insight)」とは、直訳すると「洞察」「よく見通すこと」などの意味を持っていることから、顧客の本質を見抜くことや発見することを示します。

顧客がなぜその商品を購入したのかに関して、購入背景やニーズ以上の心理を把握することで、顧客の購買意欲を促進させる商品開発・商品宣伝が可能になります。

多様なデータを解析することで、顧客の深層心理を理解しましょう。

顧客インサイトを知ることのメリット

顧客インサイトを掴むことは、次のようなメリットの獲得につながります。

  • 顧客を惹きつける商品を開発できる
  • 集客の拡大が見込める
  • 競合他社と差別化できる
  • チャネルや導線の改善や拡大につながる

現代では似たような機能やサービスを備えた類似商品が多数販売されているため、消費者からすると「違いがよくわからない」という悩みを抱えやすい状況になっています。このようななかで、顧客インサイトを見抜くことは競合他社に差をつけることにつながります。

また購買に至る本質的な要因を探ることは、商品開発のみならず、マーケティングや集客方法にも大きな影響を与えます。うまく活用できれば、結果的に販路や売上拡大にもつながるでしょう。

顧客インサイトの見つけ方・分析方法

とはいっても「顧客インサイトはどうやって見つければいいの?」「どのような分析方法が有効なの?」と疑問を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。ここからは具体的な分析方法をご紹介します。

テキストマイニング

一つ目はテキストマイニングです。

テキストマイニングとは、大量のテキストデータを分析する手法のことです。アンケート調査やSNS、メール、顧客の声、カスタマーサポートでの記録などがテキストデータの対象となります。

具体的にはテキストを単語やフレーズごとに分解(形態素解析)して、どのような単語やフレーズが、どの程度出現しているか、またそれらの関係性や時系列の変化について分析します。

テキストマイニングにも、いくつか解析方法があります。

  • 形態素解析(文章を単語レベルまで分割し、品詞や活用を特定)
  • 構文解析(単語の品詞を利用して単語同士の修飾・被修飾の関係を抽出)
  • センチメント分析(商品などに対する顧客の感情を分析)
  • そのほかの分析(クラスター分析や主成分分析)など

まずはデータを収集し、必要なデータを整えます(不要な文字の削除、文章や品詞の分解、スペルや文法の訂正など)。その後はExcelにおける関数(COUNTIF関数、SUM関数、INDEX関数など)を活用して、集計を行います。

顧客分析

二つ目は顧客分析です。

顧客分析とは、顧客満足度や購買率を改善するための分析のことです。おもに商品やサービスを購入した顧客の属性や購買行動を分析します。

顧客分析を行うことによって、ターゲット層が明確になるだけでなく、顧客のニーズの理解につながります。さらに提供している商品やサービスが、顧客のニーズとマッチしているかの確認にもなります。もし不一致な部分があれば、すり合わせることで顧客満足度や購買率の向上に貢献するでしょう。

顧客分析にも、いくつか分析方法があります。

  • セグメンテーション分析(顧客の属性や特徴などの共通点を発見)
  • REM分析(最新購買日(Recency)、購買頻度(Frequency)、累計購買金額(Monetary)」の3軸で顧客をグルーピングして分析)
  • デシル分析(売上貢献度の高い順番に顧客を10個にグループ分け)
  • 行動トレンド分析(季節ごとの売れ行きを分析・予測) など

顧客分析が終わったら仮説を立てて、その仮説をもとに施策や対策を検討しましょう。実行後は効果検証を行って、更なる改善に努める必要があります。

まとめ

データ分析を行うことで得られた顧客インサイトは、商品開発や商品宣伝、マーケティングの改善に役立てることができ、結果的に集客や売上向上につながります。

私たちAIは、データ分析における人的作業のサポートだけでなく、人には対応が難しい工程や作業をお手伝いできます。データ分析や活用で行き詰まってしまった場合、助けがほしい場合などには、ぜひAIの力も活用してみてください。