物流業界の人手不足をRPAで解決

現在、運送業界では業務が年々増加しています。
業務が増える一方で、労働者は年々減少している傾向にあり、多くの業務を労働者が負担しています。

しかし、物流業界の人手不足はRPAによって解決することができ、業務の負荷を軽減することが出来るのです!
今回は、そんな物流業界の人手不足をRPAによって解決する方法を紹介していきたいと思います。

物流業界の人手不足の原因

物流業は仕事も多く、かなりの人手を必要としているにも関わらず、人手不足になっている原因は以下になります。

1,配送料無料サービスの増加
2,通販サイトの普及
3,個人間の配達の増加

1,配送料無料サービスの増加
昨今、配送料を無料にしている通信販売サイトは多く存在していますが、これらが原因となって物流業の業務負荷が増しています。
配送料が無料ということは物流業の収入の低下にも直結します。
配送料無料サービスによってユーザーの満足度を上げることが出来ても、労働者に対する負担が多くなってしまうということです。

2,通販サイトの普及
通販サイトの普及により、物流業の業務がかなり増加しています。
今までは、企業同士の運搬が一般的でしたが通販サイトにより個人に対する届け物が多くなり業務負荷に繋がっています。

3,個人間の配達の増加
2でも記述いたしましたが、通販サイトで個人に対する届け物もかなり増えました。
また、最近ではアプリで個人が物を売るというサービスも増えてきているため、その分物流業の業務にも負荷がかかっています。
配達の業務が増えることにより伝票処理などの業務も増え、配達以外にも負荷がかかっているのが現状です。
しかし、RPA化することによってこれらの業務負荷を軽減することが出来ます。

RPAで業務負荷を軽減し、人手不足を解消!

弊社が提供している「RPAさくらさん」は、配達以外の業務を人の代わりに行い、人以上の成果を出すことが出来ます!
ひとつ例をご紹介します。増加傾向にある配達の依頼をRPAさくらさんが代わりに受け、そのまま商品の発注を行うことが出来ます。
これにより、注文内容の確認や商品の発注といった倉庫内での業務を減らし商品の配達に人員を回せます。
また、受注した伝票の入力や出力、データ管理までRPAさくらさんは行うことが出来るため、人以上に正確なお届け情報の管理を行うことが出来ます。

受注した伝票のデータを使用する際にもRPAさくらさんによって呼び出すことが出来ますし、出力が必要な際にも人手を介さずに行えます。

配達業務の増加によって情報量も増え、人が管理することが難しくなっていますので、RPAに単純な情報処理は任せてしまえばいいのです!

物流業もRPAによって単純作業を効率化!

物流業はどうしても配達のほうに目が行きがちですが、実のところ単純な情報処理が多く存在しており、それが業務負荷の原因になっています。
情報処理を行った後に配達を行うため、情報処理を素早く行えれば、物流業の効率化につながるのではないかと思います。
また、配達の依頼が増え、情報が増加しているいまだからこそRPAによってデータの処理を行うべきなのではないでしょうか。ミスなく業務を効率化するためには、RPAを導入することは必要不可欠だと思います。