高齢化社会の到来により、看護師一人あたりの受け持ち患者数が増え、人手不足がさらに逼迫している看護業界。

しかし、病棟の見回りや検温などといった従来の業務の大半は、
近い内にAI(人工知能)が代行することが可能になるかもしれません。
すでにそのための技術やデバイスも市場に出現しており、もはや医療・看護の現場へのAIの導入は間近となってきています。

反面、体制の改善や外国人患者の対応など、新たな課題も多い医療・看護の現場。
ここでは、「AIさくらさん」の場合はどのように看護分野へ貢献していけるのかをご紹介いたします。

IoT技術との連携で、人の負担は大幅に削減できる

AIは人手不足を解消し、生産性を向上するとして注目を浴びている技術ですが、
ロボットやIoT技術などと組み合わせることで、より多彩な活躍が可能になります。

医療分野においても、すでに米国ではIoT技術との連携は実践されており、
インターネットを介した遠隔治療を中心として導入が進んでいます。

日本でも画像診断や認知症患者への対応にIoT技術とAIを組み合わせる取り組みがあり、
医療現場の人手不足や、看護職の労働時間削減に大きな期待を寄せられています。

人とのコミュニケーションが得意なAI接客サービス「AIさくらさん」も、看護の現場で大いに活躍できる能力を備えています。

例えば、画像センシングを搭載することで患者の顔を判別し、予め決められている投薬量を看護師へ伝えたり
コネクテッドデバイスと組み合わせることで患者の生体情報を24時間モニタリングし、
異変があったときにはナースコールをするなどといったことが可能になります。

もちろん、コミュニケーションが得意なAIとして、入院患者への毎日のヒアリングなども可能です。
他にも、日常の業務についても、多忙なベテラン看護師に代わって「AIさくらさん」が
新人看護師へ適切なアドバイスを行うといったことができるなど、人と人の間にAIが入ることで、
より円滑に業務が遂行できるようになるというメリットも挙げられます。

「対話が可能なAI」は、看護分野においても業務の効率化や改善に大いに役立ちます。

外国人患者にも対応が可能に

「AIさくらさん」の利点として、英語はもちろんのこと、中国語と韓国語にも対応している点が挙げられます。
さらに音声と文字表示の両方が可能なので、障がいや何らかの理由により、
どちらかのコミュニケーションが難しい場合にも活用できるという点も、医療の現場に即していると言えます。

このため、インバウンド客の急増により接する機会の多くなった外国人患者に対しても、
服薬の有無や病歴など、治療を行うにあたって必要な項目のヒアリングが容易にできるようになります。

昨今は英語を話すことが難しい旅行者の人数も増えているため、多言語対応のAIを医療の現場に導入することは、
トラブルの防止や、通常の何倍にも伸びがちと言われる外国人患者の診療時間を抑えることにも繋がります。

離職率の低下で、より安定した運営にも貢献

看護の現場においては、看護師の離職率の高さも見過ごせない問題の一つであると言えます。
理由としては、とにかく身体的に多忙であること、そして人の命を預かる仕事であるという、
精神面でのプレッシャーやストレスが多いようです。

日本看護協会の調査では過労死のリスクがあるとされる看護職が2万人に及ぶとの結果が出ており、看護業界の現状を物語っています。

また、離職にともなう人手不足や引き継ぎの問題はそのまま解消されないことも少なくなく、
そのままドミノ倒し的に離職が発生する事例もあるとされ、看護職員の定着対策は急務となっています。
そしてもちろん、そんな場合にも「AIさくらさん」は心強い味方となってくれます。
業務自体を効率化してくれることはもちろん、看護師の労働時間をマネジメントすることも可能になるため、業務改善のサポートにも役立ちます。

たとえば、特定の看護師に負担がかかっていることを発見できれば、
しわ寄せによる離職のリスクを事前に防ぐよう人員の配置を工夫できますし、
業務に時間がかかっている看護師がいる場合は適宜指導を行うこともできます。

このように、AIを現場に導入することで通常の運営では気づきにくい問題点を見えるようにするという活用方法は、
店舗経営などでは既に導入がすすんでいるAIのメリットの一つです。

まとめ

海外では既に様々なAIが進出しつつある医療分野。
看護の現場においても、AIの導入が急がれています。

看護学においては人の精神面のケアも重要視されますが、なかでもコミュニケーションが可能な「AIさくらさん」はうってつけの存在といえます。

看護の現場において、「AIさくらさん」の導入は、
患者・看護師・そして病院の経営者も含むすべての立場の方へ、より安心できる環境をもたらします。