介護現場ではいま、職員の離職や人手不足の慢性化が問題となっています。
厚労省の推計によれば、2025年には3人に1人が高齢者となり、37.7万人の介護人材が不足するともいわれています。

介護の業務の中で、「高齢者の見守り」が大きな負担として問題となっていますが、
「AIさくらさん for IoT」では、IoT技術を活用することで、人いらずで見守りを行うことが可能です。

IoTが介護の現場でどのように活用されるのかご紹介いたします。

  • 1)24時間365日、カメラを使わず入居者の健康状態を「見える化」できる
  • 2)異常をすぐに検知し、高齢者の命を守る
  • 3)高齢者の健康状態のデータを記録し、健康管理ができる

1)24時間365日、カメラを使わず入居者の健康状態を「見える化」できる

モノに対し温感センターなど各種センサーを付けることで
センサーが介護者を見守り、異常を検知した場合は職員へ自動で通知が行われます。

例えば、介護施設にセンサーを取りつけることで、入居者が施設のどこにいても、
「体温」「心拍数」「位置情報」のデータを取得することができます。

従来では人が確認しなければいけなかった入居者の健康状態が、
「いつでも」「どこでも」「誰でも」
一目で分かるようなるというメリットがあります。

カメラを使わずにセンサーで検知を行うため、カメラで監視されている不快感を抱くこともなく、
プライバシーを守りながら、高齢者を見守ることが出来ることも利点です。

「AIさくらさん for IoT」を用いて分かることは下記のように様々です。

・起床
・転倒
・睡眠の質
・食事の量
・トイレのタイミングの予測 など

これにより、体調や生活リズムを離れた場所からでも把握することができます。

2)異常をすぐに検知し、高齢者の命を守る

「体温が上がった」「心拍数が上がった」
など異常がある場合はすぐにセンサーが検知し、従業員へお知らせします。
これにより、不測の事態の見落としや、緊急時での対応の遅れを防ぐことができ安心です。

被介護者の徘徊や排泄物についてもセンサーが感知し、お知らせするので
施設で働く職員はアラートを確認するだけで、定期的に見回りをする必要がなくなり、
業務の負担が大幅に軽減されます。

3)高齢者の健康状態のデータを記録し、健康管理ができる

「AIさくらさん for IoT」を使うことで、各個人の健康状態を把握し、データをためることが出来ます。
AIさくらさんに聞くことで、知りたい人のデータをすぐに確認することもでき、職員間のデータの共有もスムーズです。
また、健康状態や食事の状況など、データに基づき適切な健康指導を行うことも可能になります。

人の手がなかなか回らないところをAIさくらさんを用いることで、
アラートが出た後の案内・誘導までの一連の作業を人に代わって行うことが可能になります。

また、センサーでの見守りで、ストレスが少なく快適な介護で
介護職員だけでなく、 介護を受ける側の満足度アップにもつながります。

人手が足りず困っている、業務を自動化して業務改善をしたいという方は、ぜひAIさくらさんにお任せください。

Web制作のティファナ・ドットコムでは、AI接客・IoTシステム「AIさくらさん(絆)」の設置・導入サポートを行っております。
「AIさくらさん(絆)」のサービスの詳細については下記からご確認いただけます。

▼AI接客・IoTシステム「AIさくらさん(絆)」
https://tifana.ai/