導入実績

JR東日本クロスステーション
ウォータービジネスカンパニー

DXやコロナの感染対策を意識したコンテンツ、新機能を搭載した「AI多機能自販機」
【導入目的】
新型コロナウイルス対策として、非接触機能を搭載。 設置される駅構内情報だけでなく、顔認証カメラを活用した属性別おすすめ商品レコメンド機能や遊び機能(じゃんけん・おみくじ)、アキュアオリジナルコンテンツ、ランキング機能などを搭載し、利用者の皆様に楽しんで頂けるようなコンテンツも用意しました。
【利用用途】
AIコンシェルジュ(駅設置の自販機にて案内)
【業種・業態】
鉄道
【デバイス】
デジタルサイネージ
2020年の実証実験をもとに、アップデートを実施

2020年に「インバウンド向け多機能自販機」の実証実験を複数駅にて行い、AIさくらさんも参加いたしました。
今回の実証実験では2020年の実験結果を元に、DXやコロナの感染対策を意識したコンテンツや新機能を搭載したAIさくらさんにアップデートしております。
【実施期間】 2021年5月11日(火)~ 
※基本稼働時間:初電~終電 (一部駅等では、時間を短くする場合があります)
【実施場所】 山手線5駅10台(品川・上野・新宿・東京・秋葉原各駅に2台設置)

お問い合わせはこちら