導入実績

JR海浜幕張駅

駅構内の地図や乗り換え情報、観光スポットやおすすめのお土産などのご案内
【導入目的】
新型コロナウイルス対策として、非接触機能と自動検温機能を搭載。これらの機能により、新型コロナウイルス感染リスクを最小限に抑え、安心してお客様にご利用いただくことを目的としました。
【利用用途】
AIコンシェルジュ(駅での案内)
【業種・業態】
鉄道
【デバイス】
デジタルサイネージ
実証実験を通して、本導入が決定

2018年からJR東日本グループが実施する「案内AIみんなで育てようプロジェクト(フェーズ1)」に参加し、様々な実証実験を重ねて参りました。
2020年度に実施された実証実験では、品川駅、海浜幕張駅、空港第2ビル駅の3駅全13台の非接触型サイネージで駅をご利用のお客様をご案内しました。

2021年3月31日からJR海浜幕張駅に本導入され、非接触型サイネージでの案内サービスを開始しております。

【実施期間】 2021年3月31日(水)~
【実施場所】 JR海浜幕張駅 構内

関連記事・ニュース
お問い合わせはこちら