導入実績

羽田空港国内線ターミナル

日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語を駆使し、空港内の設備や店舗などでお客様へのインフォメーション業務を担当。

目的・利用用途
AIコンシェルジュ
業種・業態
空港
デバイス
デジタルサイネージ