1. AIさくらさん(旧KIZUNA)TOP
  2. コラム
  3. 顧客満足度
  4. 【人工知能(AI)×病院】病院内のさまざまな業務を人工知能で大幅効率化

【人工知能(AI)×病院】病院内のさまざまな業務を人工知能で大幅効率化

【人工知能(AI)×病院】病院内のさまざまな業務を人工知能で大幅効率化

2016年11月30日 栄

弊社で始めた、人工知能(AI)対話型システム「KIZUNA」を導入することで業務効率化を図る事ができます。
マルチデバイスに対応しているため、音声対話をパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末から使用する事ができるため、様々なシーンでの活躍が期待できます。

では、「KIZUNA」を使用してどのようなことができるのでしょうか。
今回は、病院にKIZUNA(キズナ)を導入したと仮定して説明したいと思います。

業務の負担を減らして、効率化が図れる

病院の仕事といえば、受付や診察だけでなく、診察後の会計や処方箋の説明、患者さんの予約日の管理など、覚える事がたくさんあります。
大きな病院であれば、役割ごとに専門のスタッフが配置されていると思いますが、そうでない場合、すべての業務を把握しなければなりません。
しかし、現場は忙しく分からない事があってもなかなか人に相談できない、というケースがあるのではないでしょうか?

そのような問題も、KIZUNAを導入する事で解決する事ができます。
業務内容で分からない事があれば、KIZUNAに話しかければ教えてくれますし、業務内容によっては、KIZUNAが人が行っている業務を代行する事もできます。

教育にかかる時間の削減と業務内容の削減を行う事で、業務効率化が図れます。

sakae_kizuna01.jpg

音声対話形式で問題を解決できる

病院には、具合が悪く診察に来る人や処方箋を受け取りにきた人、病気で入院している人などいろいろな患者さんがいらっしゃいます。
それぞれの人に手厚く対応ができればいいのですが、実際には全員にそれができるかというと時間も限られていて、難しいのではないでしょうか?

KIZUNAを導入する事で、患者さんへの対応をより手厚くする事ができます。
患者さんが分からない事があれば、タブレット等の端末からKIZUNA(キズナ)を使用してもらえば、音声対話形式で質問をすることができるので、自分で問題を解決する事ができます。

患者さんが自分で問題を解決できるようになれば、簡単な質問でナースコールを受ける事も少なるため、
本当に困っている患者さんに手厚く対応を行う事ができます。

まとめ

KIZUNAを導入することで、どのように業務改善されるかを説明しましたが、
ただ人が行っている仕事を人工知能に任せてしまうという事が目的ではなく、
人工知能でできる仕事は人工知能で、人にしかできないことは人が行う事で、
働いている人にとっても患者さんとっても快適な環境にするということが、KIZUNA導入のメリットだと思います。

今回説明した内容は、KIZUNAでできることの一部なので、もし他に知りたい事があれば是非ティファナにご相談ください!

以上、栄がお届けしました。

関連コラム

AIさくらさん(旧KIZUNA)
についてのお問い合わせ

AIさくらさん(旧KIZUNA)についてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ