1. AIさくらさん(旧KIZUNA)TOP
  2. コラム
  3. 飲食
  4. 【人工知能(AI)×レストラン】レストラン来店者の顧客満足度が大幅アップ

【人工知能(AI)×レストラン】レストラン来店者の顧客満足度が大幅アップ

【人工知能(AI)×レストラン】レストラン来店者の顧客満足度が大幅アップ

2017年04月18日 宮澤

今の時代、レストランはインターネットから予約でき、直接電話をしなくても24時間受け付けてとても便利です。

しかし、人気のレストランで予約をする時にインターネットが繋がらない、電話が繋がらないと諦めてしまうユーザーが出てしまいます。それは大きな機会損失につながります。

ここで活躍するのが人工知能(AI)での対応です。

人工知能サービスでリアルタイム管理も夢ではない!?

インターネットであれば、24時間いつでも予約は可能であるが、予約が取れているのか折り返しのメールが来るまで安心ができない...。電話予約は直接オペレーターと話をするので確実に予約ができるが受付時間が限られているので、受付時間に電話ができないユーザーはインターネットからの予約しか頼れない。
そんな悩みを解消するのが人工知能を活用したチャットシステムと24時間対応オペレーターシステムです。

予約対応を行う人工知能に予約ができる座席数やコース、時間帯を登録し、お客様とのやり取りを登録していきます。
そのうえでチャットや電話でのやり取りを記憶させることで、お客様に合わせた細かな対応ができるようになります。

人工知能での対応が難しいと判断がされた問い合わせについては、実店舗に電話をするように導くことも可能です。

24時間の予約受付対応が可能になり、営業時間中に従業員は店舗での接客に注力ができるようになります。
電話対応の時間分のコストを抑えることが、サービスの質を向上させることができます。

オペレーターシステムとチャットシステムは予約状況を共有されるので、
電話予約とインターネット予約によるダブルブッキンブを防げます。
また、予約状況をリアルタイムで更新されるので具体的な予約可能人数も明確になります。

005.jpg

AI(人工知能)型会話エンジン「KIZUNA(キズナ)」導入例

対応する人や予約を管理する人手の確保、予約を間違いなく管理をするのは難しいですが、
弊社ティファナが新しく始めるサービス、AI(人工知能)型会話エンジン「KIZUNA(キズナ)」を
導入することで人手や予約の管理を行う負担を軽減することが可能になります。

対話型人工知能エンジンの導入を行うことで時間外の対応や、混雑時に電話対応が困難な時も対応可能になります。
予約状況も人工知能に蓄積され、具体的な残り座席数もリアルタイムに分かるようになりますので、
予約数の確認や管理を行う時間を短縮し、予約が重複してしまうミスを防ぐことができます。
電話対応や予約状況の管理のために使っていた時間を、実店舗での接客クオリティアップなどサービスの質を向上させたり、集客をするための時間に使う事ができます。

また、ティファナではお客様の利用状況に合わせて、PDCAを回して提案やサポートを行えます。

関連コラム

AIさくらさん(旧KIZUNA)
についてのお問い合わせ

AIさくらさん(旧KIZUNA)についてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ