CONSTRUCTION

TOP > 利用シーン > 住宅 > 【人工知能(AI)×建築(建築・建設)】人工知能で時短で設計!ユーザーの行動解析!
【人工知能(AI)×建築(建築・建設)】人工知能で時短で設計!ユーザーの行動解析!

reona_01.png

AIさくらさんでは建築の設計から現在の設計の間取り図の改善提案や、施設の問題を洗い出すツールとして使うことができます。
今までの建築のフローで時間がかかる部分といえば、クライアントの要望を持った設計や完成後の使いやすさを考慮した設計を考えることです。
これを人工知能を使って解決することができます。

  • リアル行動追跡を使えば、お客様の行動フローをデータ化し、建物の設計や部屋の間取り図作成に利用
  • ユーザーのニーズなどを解析・理解して希望にぴったりの施工事例を紹介!

リアル行動追跡を使えば、お客様の行動フローをデータ化し、建物の設計や部屋の間取り図作成に利用

老朽化した商業施設の立て直しや改築をしたいという要望が、今後ますます増えていく傾向にあります。

そんな時は、AIさくらさんのリアル行動追跡を使い、その商業施設内に来ているユーザーの行動履歴を取ることで最適な建物設計やフロア図面図を引くことができます。

また、このリアル行動追跡のデータをためておけば、どのようなレイアウトであれば商品が売れやすいのか、どのような場所に何のお店を置けば人が増えるのかなど、AIさくらさんの中のデータを分析することで、わかることがたくさんあります。

さらに、どのような年代の来客が多いのかなどの傾向を知るには、AIさくらさんの中にある顔認識システムを使えば、

年代別来客傾向などを解析をすることも可能です。

つまり、改築など増築などすべてデータを基に行うことができるのです。

このように商業施設の建築や改築の際にAIさくらさんに蓄積されたデータを利用してより良い建物を作ることができます。

ユーザーのニーズなどを解析・理解して希望にぴったりの施工事例を紹介!

従来、建築フローの中で一番時間と手間がかかってる工程が、設計段階と建築やインテリアの材料の選定です。

ここは長年のノウハウや知見を活かし、建築後の使いやすさはもちろん、耐久性や予算を考えて、クライアントにより良いものをご提案しなければなりません。

しかし判断基準が多岐にわたるため、クライアントがすんなり決定してくれることは中々ありません。

しかし、今までの事例などを参考にしつつお客様の思い通りの設計を手掛けることができれば、設計や材料選びにかけていた時間を大幅に短縮することができます。

ここで、AIさくらさんを使えば、今までの事例のデータが蓄積された中からいくつかの選択項目を選ぶことで、過去に設計した中からクライアントの希望ピッタリの事例を導き出すことができます。

AIさくらさんはクライアントの言葉を解析して、実際の会話のように問題を導きながら最適な答えを引き出すことができます。

これを使うことで、お客様の求めるリクエストやニーズがはっきりし、過去の設計案の事例を基にしながらスムーズに打ち合わせを進めることができます。

今までの事例を全て人間が覚えておくことは困難です。

人工知能ならば蓄積されたデータをすぐに整理して最適化してくれるので、クライアントの満足度も高く、またそれに割かれる時間も効率化できるのです。

AIさくらさんについての
お問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、
導入を検討したい、
詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。