Tifana AI Special Site

運営会社(ティファナ・ドットコム)

  1. 人工知能(AI)接客システム KIZUNA(絆) TOP
  2. 利用シーン
  3. 官公庁・自治体
  4. 【人工知能(AI)×自治体】災害時の避難誘導など、緊急時の多言語音声案内をKIZUNAが叶えます

【人工知能(AI)×自治体】災害時の避難誘導など、緊急時の多言語音声案内をKIZUNAが叶えます

kizuna_kato_jititai_161119.jpg


言葉の壁を越えたコミュニケーションができるKIZUNAが、災害時の避難をサポートし、全ての命を守ります

<効果・メリット>

  • 1)緊急時に多言語音声での避難誘導が可能。外国人の方でも、言葉の壁を越えて逃げ遅れを防ぎます
  • 2)英語・中国語・韓国語・日本語の4ヶ国語に対応、今まで対応が難しかったアジア圏の外国人も対応が可能に
  • 3)各自治体施設にKIZUNAを導入したサイネージを設置。24時間365日受付対応が可能に

1)緊急時に多言語音声での避難誘導が可能。外国人の方でも、言葉の壁を越えて逃げ遅れを防ぎます
現在、各地方自治体で課題になっているのが、外国人への災害案内対策です。自然災害が多い日本では、災害に慣れていない外国人が多く、いざという緊急時に対処できないことが問題となっています。また、各種インフラ設備も外国人に対応した多言語化がまだまだできておらず、設備の見直しが検討されています。

KIZUNAは、人工知能が多言語音声対話を実現してくれるシステムです。「災害警報」「緊急警報」等の音声ファイルを作成すれば、多くの通訳を手配することなく様々な言語での対応が可能になります。
有事の際には、避難誘導の音声を多言語化して放送することができ、言葉の壁による「逃げ遅れ」を防ぎます。音声の内容も簡単に編集できるので、その時の状況によって内容を変えることができます。

2)日本語・英語・中国語・韓国語の4ヶ国語に対応、今まで対応が難しかったアジア圏の外国人も対応が可能に
訪日外国人観光客の数は、年々増加しています。特に今までと違ってアジア圏からの観光客が急増しており、多言語対応する場合は、中国語・韓国語の対応が必須です。
しかし、それぞれの言葉を1から勉強するのは時間がかかります。また、わざわざ専用の人材を雇用するとなるとそれだけ人件費がかかってしまいます。

KIZUNAは、人間の代わりに日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応しているので、1から勉強をしたり、新しく人材を雇用する必要はありません。そのため、人件費削減にもつながります。


3)各自治体施設にKIZUNAを導入したサイネージを設置。24時間365日受付対応が可能に
自動で音声対話を可能とするKIZUNAは、24時間365日対応することができます。そのため、観光地の受付の負担も減り、予め必要な情報を設定しておくだけで、とても丁寧に色々な事を案内してくれる万能のオペレーターとして活用することができます。これにより、従業者の業務効率アップ、残業の削減など様々な場面でお役に立ちます。

関連事例

KIZUNAについてのお問い合わせ

KIZUNA(キズナ)についてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い
合わせ
KIZUNA
デモ
絶賛
CM放送中!
Twitter