Tifana AI Special Site

運営会社(ティファナ・ドットコム)

  1. 人工知能(AI)接客システム KIZUNA(絆) TOP
  2. 利用シーン
  3. 銀行
  4. 【人工知能(AI)×銀行】わかりにくい金融商品や定期預金、ローンの説明をKIZUNA(キズナ)が代行

【人工知能(AI)×銀行】わかりにくい金融商品や定期預金、ローンの説明をKIZUNA(キズナ)が代行

kizuna_yoshida_ginko01_161118.jpg

難解な金融商品の説明や各種ローンの特徴、それぞれのユーザーの特徴に合った定期預金など、ユーザーが知りたいと思うことをオペレーターにかわってKIZUNAが応対し、最適な商品に導きます。

<効果・メリット>

  • 1)ユーザーを最適なサービスへナビゲート
  • 2)ATMの画面操作でも利用できる
  • 3)英、中、韓、日の4ヶ国語で、インバウンド接客

1)ユーザーを最適なサービスへ、ナビゲート
ユーザーからの様々な質問に対応するため、ほとんどの銀行がコールセンターを設置していると思います。多様化する金融商品やサービスについて、どんなメリットやリスクがあるのか、一人のオペレーターが全てを理解して受け答えすることは事実上不可能です。そのため専門分野ごとに特化した人材を育成し、人手(人件費)をかけて解決するしかありませんでした。

しかし、今後はKIZUNAがそれを解決します。

人工知能型の対話システムであるKIZUNAが、全ての商品・サービスを覚え、ユーザーがコールセンターに問い合わせをする手間を経ることなく、生まれた疑問や問題を解決します。
ユーザーはWebサイトやスマートフォンを通してKIZUNAとコミュニケーションをすることで、自身がもとめている最適な商品を見つけることができるのです。

2)ATMの画面操作でも利用できる

特にご高齢のお客様にとって、機器操作はなにかとわかりにくいものです。
今まではATMに設置された電話でオペレーターに問い合わせすることで解決していました。
これにもKIZUNAが代わって解決するようになります。
操作がわからないことをKIZUNAに尋ねれば、その場で最適な答えを音声でもテキストでも示してくれます。
また、どうしてもKIZUNAでは解決出来ない課題がある場合には、コールセンターボタンで、オペレーターに直接つなげることもできます。

kizuna_yoshida_ginko02_161118.jpg

3)英、中、韓、日の4ヶ国語で、インバウンド接客
今後更に増加してゆく訪日外国人の方々が銀行を利用する機会は、急激に多くなります。これに対応するため、4ヶ国語(英語、中国語、韓国語、日本語)での案内も可能です。外貨からの両替や預金の引き出し時など、銀行窓口やATMでKIZUNAがスタッフに代わって対応します。

関連事例

KIZUNAについてのお問い合わせ

KIZUNA(キズナ)についてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ
お問い
合わせ
KIZUNA
デモ
絶賛
CM放送中!
Twitter