ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始などの長期休暇を利用して旅行に出る人は多いかと思います。交通手段の一つとして飛行機を活用する人も多くいます。
利用者が爆発的に増える長期休暇中のお客様対応には、空港側も多くの人手が必要になるのではないでしょうか。

  • 1)お客様対応を人工知能に任せて、従業員の負担を減らす
  • 2)人工知能は訪日外国人の対応もできる

1)お客様対応を人工知能に任せて、従業員の負担を減らす

空港を利用されるお客様は、初めてその空港に訪れる方もいらっしゃいます。土地勘がなく、ATMの場所やバス・タクシー乗り場が分からない、目的の観光名所までの行き方が分からないなどといった問題を抱える方も多くいます。
そのようなときはインフォメーションセンターの活用や、近くの従業員に尋ねることが多いと思いますが、長期休暇など利用者数が多くなる期間は、対応できる人数に限りがあり人手が足りなくなります。そのため、短期間採用を考える担当者もいらっしゃると思います。採用は時間が掛かりますし、雇うまでに掛かるコストも必要になるはずです。

ティファナでは、人手不足の解消や日本のインバウンド化を考えて対話型の人工知能システムAIさくらさんを開発しました。
お客様が、質問される傾向は決まっており、目的の場所への行き方やサービスの内容を知りたいというものです。
それら、質問頻度の高い内容をAIさくらさんにすべて覚えさせ人間の代わりに答えさせることで、その分従業員の負担を減らすことが可能です。サイネージを設置して使ってもらうこともできますし、タブレットやスマートフォンにアプリとして導入したり、Webサイトに導入することも可能です。

2)人工知能は訪日外国人の対応もできる

訪日外国人は年々増加しています。2020年は東京オリンピックが開催され、訪日外国人の人数が更に増えると予想されています。
その分、空港でも必然的に外国語対応が多くなります。
空港の従業員大半は日本語と英語を話せるようになっていると思いますが、
それ以外の言語も話せる、ましてや、1人で何か国語もマスターしている、という人はまだ珍しい状況です。
しかし、隣国である中国や韓国からの観光客も増えている中、中国語や韓国語でも対応しないといけない場面が増えています。
そんな状況をどのように解決していくのか…、また人を雇わないといけないのか…。と責任者の方は頭を悩ませますよね。
AIさくらさんならば日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語に対応しています。
さらに、gifアニメーションを活用した簡単な案内地図も表示させることができますので、訪日外国人に限らず多くの方が情報を目で見て理解することができるのです。
訪日外国人にも満足いく対応がAIさくらさんでは可能になります。

AIさくらさんはこれまで利用したお客様の質問内容を記憶してくれます。この統計データをもとに、不足していた対応を補うことができます。これを繰り返し行っていくことで、お客様が満足できるサービスの対応が提供できます。