「広告を打ったはいいが、なかなか結果が結びつかない…」
そんな悩みはありませんか?広告を作成・出稿するにもお金がかかりますし、結果に繋がらないと不安にもなりますよね。
広告を出す際に大切な2つのこと、それは効果測定と分析になります。ただ闇雲に、広告を作成して出稿する!これでは、目的を達成することは難しいのです。
「効果測定や分析の仕方が分からない」、「やってはいるけれど時間がかかり過ぎていて大変!」という方々は、人工知能(AI)やRPAにその仕事をおまかせしてみましょう。

作業の時間が短縮出来、広告の効果もグっと向上することでしょう。
「人工知能(AI)で何が出来るの?」、「RPAって何?」…という方にも向けて、人工知能(AI)やRPAがどういったものなのか、そして広告作成・出稿で効果を出すためにどのように活用できるのかを、このコラムでご紹介いたします。

6f25fe4e29e67af1547a35b315c9b225ab579f5f.jpg

人工知能(AI)とRPAとは?

「人工知能(AI)やRPAを聞いたことはあるけれど、よく分からない…」という方に簡単にご説明します。
人工知能(AI)は、頭脳を持ったコンピュータというように考えることが出来ます。頭脳があるということは、自分で考えることが出来るということ。将棋や囲碁で人工知能(AI)がプロ棋士を破った、なんてニュースを見たことはありませんか?
これは人工知能(AI)が、人の与えた蓄積されたデータだけではなく、そのデータから最良の筋道、一手を考えたからこそ勝つことが出来ているのです。学習から成長をすることができる、それが人工知能(AI)なのです。

RPAは、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略になります。従来人が行っていた定型業務をロボットが自動的に行う技術のことです。一言指示を与えるだけで、その作業を行うのでその分他の業務に時間を取ることが可能になります。

広告で活用するには?  人工知能(AI)の場合

では、人工知能(AI)やRPAを活用した場合、どのような効果が得られるのでしょうか。

人工知能(AI)は、今まで広告を出してきて得られた効果測定の結果等のデータの蓄積を行うことが出来ます。
データの蓄積と、人工知能(AI)が学習して成長出来ることから、以下の活用方法があります。

  • 過去のデータから、より効果的な広告の種類や時期、出す場所等の分析
  • 商品や広告の過去のデータから、比較を行うことで商品の強みを再発見
  • SNS等のWEBの情報から、ユーザーのニーズの知った上でのキャッチコピーやデザイン作成

以上の他にも活用方法は多々あります。
単純な分析だけではなく、様々な角度から情報を得られるので、より魅力的な広告を作成することが得意です。
「商品・サービスについてより深く分析したい」、「広告をより多くの人に見られるように、興味を持ってもらえるように作成したい」という方は、人工知能(AI)の活用をおススメします。

広告で活用するには?  RPAの場合

RPAでは、効果測定の結果をまとめる作業や分析を短時間に短縮することが得意です。短縮させることのメリットは下記が挙げられます。

  • まとめや分析等の単純作業を短時間で済ませることで、他の業務にその時間を充てることができる。
  • デザイン作成、テキスト作成に注力することが出来るので、よりターゲットに合わせたデザインのテイストにしていくことが可能になる。
  • 広告作成自体の時間も短縮できるので、広告作成から出稿までのサイクルを早めることができる。

以上の他でも、多くのメリットを持っています。
「単純に作業を短くすませたい」と考えている人には、RPAがうってつけでしょう。

短時間で効果的に広告を打つ

広告を打つからには、必ず結果や効果が欲しいものです。
今までは、時間をかけて効果測定と分析をしてから、広告を出さなければなりませんでした。しかし、人工知能(AI)やRPAを活用することにより、それを変えることが可能です。
分析の時間を短縮することで、タイミングにぴったり合わせて広告を打つことが出来ます。また、短縮された時間で他の業務に取り組むことができるので、時間を有意義に使えるのです。
広告の効果測定と分析を人工知能(AI)やRPAにまかせて、効果的な広告を打ちましょう!