広告というと、思い浮かべるのはどんなイメージでしょうか。

最近では、インターネットの発展によりデジタルでの広告が著しく増加しています。
今までは、不特定多数に向けて発信するのが基本であった広告が、人工知能(AI)を使うことで個人に向けて広告を見せることが出来るようになっています。
つまり、広告を見る人がどんなページを見てきたのか等を分析して、人工知能(AI)側でその人にあった広告を出し分けすることが出来るのです。ターゲットに合わせて打ち出せるマーケティングが出来る広告ということです。

では、人工知能(AI)を使った広告の効果的な方法とは一体どういったものなのでしょうか。

デジタル広告を効果的に出すために必要なこととは

現在、広告媒体費で1位は、テレビメディア広告となっています。テレビCMのことですね。ずっと1位の地位を持ち続けていたテレビメディアですが、世界的には2018年、日本国内でも2020年には、デジタル広告が抜くと予想されています。
SNS等を利用されている方は、広告がよく流れてきたり、ネットサーフィンをする方も、よく広告を見かけているのではないでしょうか。

しかし、広告表示された場所が、操作を邪魔したりするとその広告自体に不信感を持ってしまうことはないでしょうか?
広告を出そうと考えている企業側からすると、本当に広告を出して効果があるのか、ターゲットに合っているかの判断が難しいことがあります。

デジタル広告の良い点は、人の動きを判断することが出来、個人個人に合わせた広告を打ち、マーケティング出来るということにあります。
せっかく個人に合わせることが出来るのであれば、そうした方がよいに越したことはありません。
さらに、人工知能(AI)を活用することによって効果的な広告運用が可能です。

  • 1)より個人に合った広告を打つ
  • 2)個人が特定しづらい場所での広告の出し分け
  • 3)広告塔になるデジタル広告

上記の3点から、弊社サービスの人工知能(AI)「AIさくらさん」で実現できることをご紹介いたします。

1)より個人にあった広告を打つ

ネット広告を打つ際に考えることといえば、ターゲットがよく来るページに自社の広告を配置したい、ということではないでしょうか。広告費を払って、いざ出したら結果が出なかった、ではとても困ります。
気になる広告があれば、ついクリックやタップしてしまうのも消費者目線ならよくありますよね。
AIさくらさんは、データの蓄積と分析を得意としているので、その人が調べた内容によって興味度合いを分析して、広告を出し分けることが出来ます。
見る人が欲しいと感じる広告をターゲットに合わせて出すことが出来れば、きちんと結果が見えてきます。

2)個人が特定しづらい場所での広告の出し分け

デジタル広告は駅構内やショッピングセンター等に設置されているデジタルサイネージ等にも打つことが出来ます。
しかしながら、個人を特定しての広告の出し分けというのは難しい媒体です。
しかし、AIさくらさんなら付いているカメラから性別や年齢といった情報を読み取り、見ている人によって広告を出し分けられます。
おすすめ商品を聞かれた際には、その人に合わせた商品の提案をすることも出来ます。

3)広告塔になるデジタル広告

大きなサイネージにAIさくらさんを導入することによって、とても目立たせることが出来ますから、ご案内業務だけではなく、企業の広告塔にもなります。
キャラクターを見たときに「かわいい」と感じさせることは、人に好感を与えたり、不信感を取り除くために効果的です。
自分に合ったおすすめ商品を紹介されたら、好感を持っている分、購買意欲をそそられたりするのではないでしょうか。
シンプルに広告を打ち出すよりも、AIさくらさんによって見た人により印象深い広告を見せることが可能です。

デジタル広告は瞬間で興味をひく

デジタル広告は一期一会なところがあります。同じページを後日また見に行ったとしても別の広告に切り替わっていたりすることも多々あります。その瞬間に来たターゲットとなるお客様に欲しい、気になるという興味を湧かせる為には、様々な施策を立てていく必要があります。
AIさくらさんは、その個人に合わせ、その人が欲しいと感じる情報をいつでも考えてくれています。ですからサイネージ等に導入することで、人の興味を引く広告塔になることが出来ます。 AIさくらさんを使って、よりターゲットに合わせて効果的に広告を打ち出してみませんか?