人にできることはほとんど「なんでも」可能であるとして、脚光を浴びているAI(人工知能)。
ですが、具体的にはどのようにして、実際の生活や経営へAIを活用できるのかがわからないという方も少なくありません。

もちろん、AIよりも人のほうが得意な分野もありますが、
人と比べた場合に特筆すべきAIのメリットは、大まかに以下の3点であると言えます。

1.統計や分析に長け、高度な読み書きもできる
2.365日24時間運用できる
3.処理が早くミスをしない

ここでは上記のメリットを実際の活用事例も交えながら解説いたします。

教育や接客、マーケティングなど多岐にわたって活用できる

AIは、統計や分析をスピーディにこなせるのが特徴です。
大量のデータから読み取れる傾向を、図や表を用いてわかりやすく表示することなどは
研究の分野では日常的に活用されているAIの機能の一つです。

また、ビジネスやマーケティング分野においても、「今日は雨が降るので傘が売れる」というような情報を提示する
AIの分析能力を巧みに活かした「将来予測」が活用されています。

このようにAIは、これまで人が長時間かけて処理していた問題をスムーズにしたり、
人では気が付きにくい着眼点を提示することも可能です。

更に、人とのコミュニケーションを念頭に置いたAIの場合は、教育や接客といった場面にも活用することができます。
例えば、事前に教育方法をAIへ教えることにより、
ベストな教育プログラムを全ての新人へ実施することができるだけでなく、
AIに「分からないことをいつでも気軽に好きなだけ質問できる」という理想的な環境を用意することができます。
従来企業の教育担当が担っていた仕事をAIが肩代わりすることで、仕事の負担を減らすことも可能になります。

また、接客であれば、問い合わせの多い内容はすべてAIが対応することも可能です。
人が多いと接客に終始してしまい、他の業務に遅れが出るという場面は多々ありますが、
AIが接客を担当することにより、そういった状況を減らすことが出来ます。

更に「AI さくらさん」であれば、音声と文章の両方でご案内ができるため、
視覚または聴覚にハンデのある方にも通常と同等のサービスを提供することが可能になります。
また、英語・中国語・韓国語にも対応できるためインバウンド客の接客もおまかせできます。

このように、AIはただの人の代わりとしてだけではなく、
これまでは確保が難しかった高度人材の投入や、顧客層の開拓にも貢献します。

会社や施設で24時間の管理・監視ができるようになる

AIのもう一つのメリットとして、365日24時間の運用が可能である点が挙げられます。
人であれば残業代や夜勤手当の上乗せが必要な場面であっても、AIならばリーズナブルに運用することができます。

たとえば、病院や福祉施設などでは夜の見回りも重要な仕事ですが、
IoT技術と連携したAIを活用した場合は、それらも不要になります。

しかも、利用者の体温や現在地の把握にはカメラを使わず、センサーなどで実現できるため、
被介護者・患者のプライバシーも守られます

また、企業であれば、重要な機器にAIを取り付けることで、
異常な温度上昇や、万が一の故障をAIが知らせると言ったことも可能です。
保守業務や、火災の危険がつきまとう現場など、故障が重大なトラブルに関わる場面での活躍が期待できます。

ほかにも、備品にセンサーを取り付けることで持ち出しを管理したり、
一定の日数が経過した場合はAIが返却を促すメールを送付するなど、日々のヘルプデスク業務においてもAIは活躍します

人間のような処理を可能にしつつ、正答率も高い

AIは、予めプログラムされたルールに則って行動を選択するだけでなく、
学習させることで人間に近い判断すらも可能になります。

これは例えば、顔認識ができるAIなどが該当します。
様々な年齢や性別の顔を学習させることで、世代に応じた広告提供ができるようにするといった運用が可能です。

事前に相当量の学習用データを用意する必要はあるものの、
大量のデータを処理するような場面では、人間を遥かに超える速度と正確さが際立ちます

判断が早い上に正答率が高く、長時間経っても集中が途切れないという長所は、
これからの社会において欠かせない労働資源となることは言うまでもありません。

また、現時点のAIの能力がいかに優れているかは、将棋やチェスなどのボードゲームの世界において
王者を破るAIがいくつも存在していることからも明らかであると言えます。

まとめ

AIにできることは多岐にわたり、更にIoT技術などと連携した場合には「無限大」と言っても過言ではなくなります。
「人の代替として人件費を削減する」と言った本格的な運用から、
「人手で解決するにはコストパフォーマンスの悪い問題」の対処まで、
既に様々なシチュエーションに対応できるだけの能力をAIは兼ね備えています。

もちろん「AI さくらさん」もIoT技術との連携や多言語対応など、現場に必要な機能を数多く搭載しています。

たとえ人が1秒で解決できるような「些細な」問題であっても、頻繁で起こるようであれば生産性やQOLの向上を妨げる要因になります。
よりクリエイティブな時間を創造したいとお考えの場合には、ぜひ「AI さくらさん」の活用をご検討ください。