求人においては、売り手優位の市場が続いている昨今。
多くの雇用者は優秀な人材の確保に頭を悩ませているのではないでしょうか。

中には、介護や医療分野、接客業など、看過できないほどに人手不足が蔓延している業種も存在しています。

また、それ以外の業種においても、今後若手の労働人口が減少することで、
国内の人材は需要が増し、人件費がどんどん上昇していく可能性があります。

そんな現代において、人材不足解消や省人化に貢献する技術として、AI(人工知能)の活用が注目されています。

ここでは、実際の現場においてAIがどのように活躍できるのかをご案内いたします。

AIの導入で、業務を効率化することができる

人材の運用には必ず育成が必要ですが、AI接客サービス「AIさくらさん」ではその方法を教えることにより、
代わりに新入社員への接客手法の教育や、ノウハウの伝達を行ってもらうといったことが可能になります。

また、接客業ではたまに見かける、業務前の挨拶トレーニングなども
IoT技術と連携することで、声量やトーンのチェックが可能になります。

教育係の負担が減ることはもちろんのこと、
なによりもAIが相手ならば気兼ねせず何度でも質問や挑戦ができるということは、社内環境をより良くすることにも繋がります。

他にも、社内ヘルプデスクであれば、従来のFAQや検索型ナレッジとは異なり
一問一答形式で相手の疑問を掘り下げてくれるという点も、コミュニケーションが得意な「AIさくらさん」の強みです。

入力されたワードから該当する可能性のある回答を思考し、
リアルタイムで提示してくれるため、調べる時間を大幅に短縮することができます。

コミュニケーションが可能なAIは、介護業界や接客にも対応が可能

人手不足が深刻であり、今後ますます問題がひっ迫することが明らかな業界の一つに介護分野があります。
見守りにかかる時間や、時にシビアなコミュニケーションが求められる業務は、介護を行う側にとってストレスも多いと聞きます。

しかし、こういった場面においても、「AIさくらさん」の導入は非常に有効です。
たとえば、IoT技術と連携することで、被介護者のプライバシーを守りつつ、
体温や現在地といった情報を「AIさくらさん」が管理してくれます。

体温に異常があったり、万が一徘徊が発生した場合には、直ちに管理者へと報告してくれるため、
見守りにかかる時間は一気に削減することが可能になります。

もちろん、コミュニケーションにおいても同様です。
AIさくらさんが話し相手になることで、毎日確認が必要な情報を根気強く聞き出したり、
レポートを代わりに作成することも可能になります。

また、「部屋の電気を消してほしい」「空調を調節してほしい」といえば、
「AIさくらさん」が代わりに行ってくれるため、運動が困難な被介護者の自立も支援することが可能になります。

介護士は本当に人の手が必要な業務にのみ集中することができるようになり、
過剰な労働時間などのストレス源を絶つことができます。

また、こういった人手不足の解消は接客業においても同様で、
気軽に会話ができる店員として「AIさくらさん」を導入することで、スタッフの不足を補うことが可能です。

昨今、様々な企業において、労働者の満足度を向上することで離職率を抑えるという試みがありますが、
介護やサービス業などの分野においてもAIの導入は高い離職率に歯止めをかけるきっかけになります。

AIの導入は経営戦略にも活かせる

AIのメリットの一つとして、情報の収集や分析、統計が得意という観点から、
マーケティングにも活用できるという点が挙げられます。

さらに、「AIさくらさん」の場合は、英語、中国語、韓国語にも対応可能という点も強みの一つであるといえます。
店舗においては外国語での接客が可能になり、インバウンド客の獲得が現実的になります。

また、社内においても多言語対応可能なコンシェルジュを設置することで、外国人材の受け入れがスムーズとなります。
特に介護業界では、現状は専門用語の多さなどの「言葉の壁」が
外国人介護師の受け入れを阻む要因のひとつにもなっていることから、多言語化には大きなメリットがあると言えます。

マーケティングに利用でき、多言語対応も可能なAIは、
高度な人材の大量雇用が難しい中小企業においては特にメリットが大きい存在です。

まとめ

このようにAIは、従来の煩雑な業務において省人化に貢献したり、人手不足が深刻な分野においては貴重な即戦力となります。
「AIさくらさん」がこなせる範囲は多岐にわたりますが、今、企業にとって最も改善したいポイントを見極め、
必要に応じて徐々に任せる範囲を増やしていくことで、上手に活用することが可能です。