毎年日本を訪れる外国人観光客は増えており、インバウンド対策が急務だと言われていましたが、 新型コロナウイルスの影響で状況は一変しました。 訪日外国人観光客数が激減し国内旅行も控えられる中、宿泊業を始め、小売り業、飲食行、交通機関への影響は甚大です。 またコロナ禍以前はインバウンド対策に積極的だった企業も、今ではインバウンド対策に足踏みしている状態です。 しかしそんな今だからこそ逆にインバウンド対策は積極的にすべきです。 コロナ禍が収束しても経済は簡単には元通りにはなりません。コロナ禍以前と同じような対策でも不十分になるでしょう。 そんなアフターコロナ時代を見据えた新しいインバウンド対策をAIさくらさんがサポート致します。

どんな対策が必要かわからず困っていませんか?

インバウンド対策というと真っ先に思い浮かぶのが海外の言語に対応する事でした。 しかしこれからはそれだけでは不十分になります。 では何をすればよいのか。それは非接触・非対面による接客です。 訪日旅行で日本に期待することのTOPに挙げられるのが衛生面における配慮というデータがあります。 日本は海外と比べてみても街にゴミが少なく綺麗だと思います。 海外から見た日本人の評価でも日本人はゴミを持ち帰ったり、自主的に清掃をする清潔を保つ文化があると見られているようです。 このことはアフターコロナを考えると日本の強みになります。 AIさくらさんは非接触・非対面でも接客対応ができ、言語対応も十分にできます。 さらには検温機能も付けることができるので、より安心・安全なサービスを訪日外国人の方々に提供することができます。

働き手が少なくて困っていませんか?

新型コロナウイルスの影響で人手不足になっているところも多いと思います。 売上が下がる一方の今、コスト削減で最初に行われるのが人員整理だからです。 しかし人を少なくしたことで今度は手が回らなくなる問題が控えている事は言うまでもなく、 このような状況化では当然インバウンド対策に必要なマルチリンガルの人員の確保も容易ではありません。 これらの問題を解決できるのがAIさくらさんです。 これまで店頭に立って案内していたスタッフや、インフォメーションなどのフロント対応をAIさくらさんが担ってくれます。 AIなので一度覚えたことは忘れることはなく、業界でしか使われない言葉があってもすぐに覚えられます。 もちろん複数の言語にも対応できるため一から教育する必要がなく、衛生面に配慮された非接触・非対面での対応が可能となるのです。

マーケティングが出来なくて困っていませんか?

インバウンド対策というのは何も接客に関することだけに限ったものではありません。 訪日外国人のニーズを調べ、必要なコンテンツを事前に準備しておくことも立派なインバウンド対策と言えます。 そのために訪日外国人の行動分析や、Webサイトでどのようなコンテンツに興味を持っているのかなど調べる必要があります。 しかし膨大なデータの中からそれらをまとめ上げるのは一苦労です。 AIさくらさんは膨大なデータがあっても、精度の高い分析から問題点・改善点を提案することが得意です。 行動履歴から次に何をするべきかを導いてくれます。 Withコロナの新時代に適応したAIさくらさんで訪日外国人に最高のおもてなしが出来るように準備しましょう。