日本の製造・流通の分野はコロナ禍において大きな打撃を受けました。
消費者の買い占め行動によって急激な商品の不足。
それに追いつけないライン、従業員の方も出社を制限されたり、不安を抱えながら出社していました。

スマートファクトリ―という言葉をご存じでしょうか?
スマートファクトリ―とは、今まで人でやっていた部分をAIやロボットに替わりに行ってもらうことを指します。
日本と同様に製造大国であるドイツが2017年から「インダストリー4.0」を掲げて、
製造工場のスマートファクトリ―化を進めてきました。
そのかいもあって、ドイツはコロナ禍という世界的な危機を迎えても安定した製造、国内での流通を可能にしたのです。

「新しい生活様式」という言葉をよく耳にすると思います。
消費者の行動も変わってきているのです。
それに合わせて製造・流通のやり方も変わっていかなければなりません。

変化の激しい時代に対応できていますか?

コロナ禍で世界が緊急事態に陥ったとき、日本では「マスクなど海外に依存していた必需品が手に入らない」、「日本の工場でも即座には質の高いものを提供できない」という事態が発生しました。
また、外出が制限されたことにより消費活動も鈍化し、今後も必要以上な消費に対して慎重になることが想像されます。

今まで通りのやり方に限界を感じてはいませんか?

スマートファクトリーとは、今まで人の手で行っていた部分をAIやロボットで代わりに行い、オンラインでデータを管理する取り組みです。
AIさくらさんは一度学習したことは忘れないため、オンライン上でのデータの問えりまとめに最適です。
誰でも情報にアクセスできることで、別の場所に事業所を増やす場合でも、同じクオリティを保つことができます。

商品のロスや人員不足に困っていませんか?

また、ビッグデータを用いた需要傾向分析で、必要な商品が何なのか、どれくらい必要なのかを予測することも可能です。
今までどおり大量生産を続けると、消費者は大量には消費しなくなっていますので大きなロスが発生してしまいます。
人員不足のAIさくらさんを導入することによって解消されます。
ノウハウをさくらさんが学習しているため、教える人は最小限で済みます。
教育のために時間を割く必要もなくなるのです。