5月29日現在、日本国内の新型コロナウィルス(COVID-19)感染状況はだいぶ落ち着いてきましたが、世界ではまだまだ治まる気配がありません。
各国が取っている新型コロナウィルス対策は大きく2つあり、現状ではどちらが正しいと言えない状況になってます。
大変興味深い内容ですので、是非読んでみてください。

各国の対策 ロックダウンと集団免疫獲得

新型コロナウィルス感染症対策として大多数の国がとったのは、ロックダウン。
都市を封鎖して、外出禁止令を発令し、違反者に法的罰則を設ける、という方法です。
外出が減って人と人との接触が減れば、感染拡大を阻止できるだろうという物です。

そしてそれらと一線を画すのが集団免疫獲得。この方式はスウェーデン一国のみが現在も続けています。
ロックダウンはせず、感染すると重篤化リスクの高い高齢者や持病を持った人々には、人との接触を避け、外出しないように求める。
50人以上が集まる集会は禁止。飲食店などはテーブルの間隔をあけ、一定数以上の客を入れないよう制限をもうける。
大学、高校はオンライン授業ですが、それ以下の小中学生は普通に登校…。
症状が出た場合は、重篤でなければ自宅での療養を求める。
多少制限はある物の、スウェーデンの人々は普段の生活とほぼ変わらない形で過ごしています。

どういうことかというと、感染しても症状の出にくい若い層に新型コロナウィルスに対する免疫を付けてもらうことで、コロナ対策を行う…というやり方なのです。
多くの人間が免疫を付けてしまえば、誰かがコロナウィルスに感染しても周りが免疫を持っているので感染が広がらない…と言うわけなんですね。
コレの強みは、感染第2波みたいなことが起こりにくく、コロナにずっとおびえていなくても良くなると言うところです。
経済活動も大きく制限しないので、失業者が増えにくく、経済的ダメージが少ない。
実際は、その周りの国がロックダウンして経済活動停滞しているので、その煽りでスウェーデンも経済が落ち込んでいるようですが…。

で、効果についてなんですが、今のところはまだわかりません。
現時点での新型コロナによるスウェーデンの死亡者数は4266人となっており、人口100万人あたりの死亡者数で言うと417人とかなり高くなっています。
これは、ベルギー:805人、スペイン:580人、イタリア:545人、イギリス:545人:フランス:437人についで6番目。

今一番被害を受けているアメリカを人口100万人あたりの死亡者数になおすと303人、日本は6人、中国が3人ですので、現時点ではお世辞にも成功しているとは言えません。

ただこれは、感染自体を防ぐロックダウン方式と、感染して免疫獲得しようとする集団免疫獲得方式の初期段階での差であるのかもしれません。

つまり、当面の傷は浅くても将来にわたってずっとリスクを抱えこむのか、最初のダメージは大きいが将来のリスクを軽減させるのか…
最終的のどちらの方が正しかったのかは、この後わかることでしょう。

日本のコロナ対策はロックダウンじゃない?

一方、日本がとった対策は、法的拘束力の無い、ゆるいロックダウンです。
実際の感染者数はわかりませんが、死亡者数は想定される範囲内なので、おおよそ対策が功を奏している感じです。
ただこの対策、実はロックダウンに見せかけた集団免疫獲得方式だったのでは…と個人的に思ったりしています。
CPR検査数を意図的に抑え、医療機関に人がなだれ込むのを阻止するやり方は色々批判も受けていますが、スペインやイタリアのように医療崩壊する方が数段恐ろしいので、コレを間違いだとは言えないでしょう。
外出を法的に規制されてもいませんので、通常通り出勤する人の姿がそこかしこにありました。
飲食店もソーシャルディスタンスにはもちろん気をつけながら、半数以上は店を開けていたと思います。
学校は全て休校となっていましたが、皆さんご存じの通り、子ども達は外で遊び回っていましたよね。
つまり、絶対感染阻止…って感じではないわけです。
もちろん政治家達は、感染阻止のスタンスを取っていますが。

WHOは日本の対策を評価していますが、本当に結果が出るのはまだ先です。
第2波が始まっているなんて言う話もありますしね。

そしてネットには様々な情報があり、安倍政権憎しで書かれている物や、逆に擁護する方向で書かれているものなど偏りが多く、自分でスクリーニングする必要があります。
よく見かけるのは「本当は新型コロナでもっと大量に死んでいるけども隠している…」みたいなヤツですね。
テレビ報道なども偏りが酷いので、いっそ見ない方が良いでしょう。
今回の場合、対策に対する責任云々や、政権の良し悪しではなく、タダ数字を見るだけにするのが一番です。

CPR検査を抑えていることから、実際の感染者数もわからないですし、新型コロナウィルスの犠牲者数も正直わかりません。
医療機関で調べているからわかるだろう…とも言えないのが実状でして、医療崩壊はしていないものの、医療に従事している方々の忙しさは半端なく、死亡者に対して毎回新型コロナの感染者だったかどうかを調べている余裕はありません。
であれば、単純に国内の死亡者数が例年と比べてどうなっているかを調べれば良いのです。

発表されている新型コロナの犠牲者数を例年の死亡者数にプラスして近似しているのであれば、おおよそ公表されているとおり。
大きくかけ離れているのであれば事態は深刻…

それらがわかるのはここ。e-Stat 政府の統計総合窓口 ですが、現時点では3月までのデータしかないので、新型コロナの影響はまだわかりません。

4月、5月のデータが出るのを待ちましょう。
私が独自に調べたところによると、新型コロナの犠牲者は発表されている数字の1割増し程度だと思われます。

当然のことながら、この記事を含め簡単にネットの情報を信じてはいけませんよ。
ソースを複数確認しながら、自分で数字を調べてみてください。

私も確実性のある数字が取得できたら、また記事を書こうと思います。

その頃には、感染症対策AIさくらさんの新バージョンなども出ていることでしょう。

ではまた!