近年、飲食業界では人手不足が問題になっているとよく耳にします。
過労死、ワンオペレーションなど人手不足により生じる問題が多くあり、
一人一人の業務負荷が増えているのが現状です。
これらの問題を解決する最先端の技術が人工知能(AI)を使った接客システムの「AIさくらさん」です。
本コラムでは、「AIさくらさん」がどのように飲食業界の人手不足を解決し、業務負荷を軽減できるのかを
ご紹介いたします。

人手不足の実態

飲食業界の人手不足には、次のような原因があります。
・年間休日が少ない
・長時間労働を強いられる
・労働環境があまりよくない

飲食業界のイメージとして「接客が大変」、「常に忙しい」、「休みが少ない」などが挙げられるのではないでしょうか?。
このようなところから、ブラックな仕事だと悪いイメージが世間に定着してしまっています。

また、アルバイトには学生が多く、職場や学校を卒業後はやめていく人がほとんどです。
そのため、常に募集を掛けておかないと人手が足りなくなります。
アルバイトの教育の部分にあまり時間を使えないため、新しく入ったアルバイトは
自分で仕事を見て覚えなくてはいけません。仕事に慣れなくてやめていく人も多いそうです。

人手不足によって起こる問題

人手不足によって起こる問題は、接客レベルの低下、従業員一人一人の負担が増えるなど、
従業員一人一人の業務負担が増えているところにあります。
外食チェーンではワンオペレーションで業務を行っているところがあります。
ワンオペレーションでは、一人でホール、キッチンをすべてこなさいないといけません。
それでは精神的、肉体的に過酷な状況に陥ってしまいます。
注文を聞くのが遅い、呼んだのに来ない、料理が出てくるのが遅いといったお客様からクレームをいただくことも増えてしまいます。

人工知能のAIさくらさんを導入することによって改善されること

前述であがっていた問題は、人工知能(AI)が解決してくれます。
弊社サービスの「AIさくらさん」を導入することで改善されることを紹介していきます。

〇客の一部をAIさくらさんが担うことができます。

注文、会計を受ける、会計をするなどといった部分をAIさくらさんが担うことで、今まで、ワンオペレーションで注文から
商品を片づける、会計までをこなしていたことが、
注文や会計を「AIさくらさん」がやってくれる、従業員の負担を減らすことが出来ます。
人手不足でワンオペレーションを行わざるを得ない現状を、「AIさくらさん」導入後は、人手が少ない時間帯でも
ワンオペレーションを行わなくて済むようになります。
また、オペレーションに、必要な人員数を減らすことができ、従業員の休日を増やすことが出来ます。

〇次に、アルバイトの教育といった部分を改善できます。

今までは、先輩方が忙しく新人教育に時間が取れていないことが多かったのではないでしょうか?
そもそもアルバイトに仕事を教える人がいないという場合もあります。
そこで、AIさくらさんを導入することで忙しい先輩に代わって新人教育をすることが出来ます。
AIさくらさんに質問する方が先輩の手間も取らせることはないので、気兼ねなくいつでも聞くことができます。
また、さくらさんは、多言語に対応しているため、外国人のアルバイトの教育にも使えますから、
多くの外国人の方を採用できます。

まとめ

AIさくらさんを導入することで今まで時間を取られていた部分を
改善でき、一人一人の業務負荷を減らすことができるのではないかと思います。
また、時間ができた分、新商品の開発や、マネジメントといった部分により時間を充てられるのではないでしょうか。