交通機関は整備され年々快適になっていますが、それだけでは解決できない問題を多く抱えています。
誰もが毎日利用するからこそ、不具合や事故が起きた際、大多数の人々に影響を与えます。

例えば、天気予報では事前に天気を予想できても、その予報は外れることもあり、完全にはダイヤの乱れを防ぐことはできません。
また、路線事故や人身事故はいつ起きるかわからず、未然に防ぐことが難しいため、注意の呼びかけをすることで精一杯なのが現状です。

しかし、そういった人の手では解決できない問題を、人工知能(AI)で担うことが可能です。
今回は、交通機関におけるさまざまな問題をどう人工知能(AI)で解決できるのかをご紹介いたします。

インフラ・交通業界が抱える問題

インフラ・交通業界では、解決しづらい多くの問題を抱えています。
よく声が挙がるのが、「乗車案内がわかりづらい」、「遅延や事故が多い」、「不審者や不審物にいつ出会うかわからない」といった内容です。
どれもすぐに対策できるものではないため、大きくは解決しないまま、多くの人々のストレスに繋がっています。
しかし、人工知能(AI)を導入することにより、解決できる方法があるのです。

  • 1)駅員さんいらず?人工知能(AI)がご案内
  • 2)忙しい朝も、ひと目で交通状況がわかる
  • 3)不審者を未然に察知、IoT連携で出来ること

これら上記3点に分けて弊社のサービス、人工知能(AI)の「AIさくらさん」ができることをご紹介します。

1)駅員さんいらず?人工知能(AI)がご案内

駅構内は駅名や地図、乗り換え案内と多くの情報で溢れています。

そのため紛らわしい表記が多く、都内では主要な駅になるほど乗り間違えをする人が非常に増えます。
しかしいちいち駅員さんに聞くのも聞きづらい…と感じる人も少なくはありません。
また、外国人観光客にとっても、外国語表記があるものの、乗り換えする駅や、急行で停まる駅・停まらない駅はどれかなどわからないことだらけです。

しかしAIさくらさんを活用すれば、駅員さんの代わりになって駅情報を案内してくれます。また、4か国語話せるため、インバウンド対策もバッチリです。
現在AIさくらさんは、みなとみらい線で有名な横浜高速鉄道様のWebサイトに導入しており、駅についての質問を分析しています。今後券売機の横に導入が予定されているので、券売機の横でAIさくらさんが案内してくれる日も遠くはありません!

2)忙しい朝も、遅延状況がひと目でわかる

電車やバスの遅延が発生した際に、構内のアナウンスではよく聞き取れず、どれくらい遅延しているのかわからないということはないでしょうか。
時間がない通勤・通学ラッシュ時には、そういった少しの遅延が混乱を招きがちです。また、携帯やスマートフォンで遅延情報を見ても、それが最新の情報ではなく、実はもっと遅延しているのになかなか情報更新されず結局意味がないという場面があると思います。

しかしAIさくらさんなら、交通状況のお知らせを常にリアルタイムで分析し教えてくれます。
また、乗り換え案内もできるため、非常にスムーズにストレスなく電車を利用することができます。通常の乗換案内サイトでは駅名と図式の案内が多いのですが、AIさくらさんでは、マップを表示することができるため、駅員さんに聞いているかのように親切な案内をしてくれます。

3)不審者や急病人の発生を事前に察知、IoT連携で出来ること

AIさくらさんは、IoT連携もできます。IoT連携とは、「モノとの連携」のことです。

例えば、AIさくらさんがカメラと連携することにより、駅内で不審な動きをしている人がいないか、不審物が置いてないかを認識して察知することが可能です。
「この動きはおかしい、怪しい人かもしれない」、「ずっと動かないで横たわっている人がいる、もしかしたら倒れているのかもしれない」
というふうに、AIさくらさんが自身で分析し、アラートを出して教えてくれる仕組みになっています。
忙しくなかなか駅全体に目を配ることができない駅員さんの代わりを果たすだけではなく、「監視カメラ機能があり、アラートが出る人工知能(AI)」が駅内にいるだけで乗客の安心にも繋がります。

人工知能(AI)により、快適で最適な交通機関に

交通機関が非常に発達しているからこそ多く起こりうる交通機関の問題。
その問題は日本人のストレスに大きく関わっています。
しかし人工知能(AI)を導入することによって、驚くほど負担を減らすことができます。
多くの影響を与える交通機関だからこそ、人工知能(AI)で移動時間の効率化・最適化を図り、良い環境づくりをするチャンスです。