企業において、人件費がかかり、離職率が高い部署はどこなのでしょうか。
そう頭に思い浮かべた時に、真っ先に出てくるのが、そうコールセンターです。

大企業にもなると、コールセンターの人数は数百を数えます。
コールセンターの一人当たりにかかる費用は月に60万円とも言われています。
つまり300人態勢で臨んでいる企業は1億8千万円もの費用がかかっているのです。

しかし、それだけの費用をかけて人材育成をしたのにも関わらず、離職率が非常に高いと言われているコールセンター。
なんとかならないものかと誰もが頭を悩ませていると思います。
そんな悩みを解決できるサービスを今回ご紹介いたします。

  1. コールセンターの人件費を大幅削減
  2. スタッフの離職に悩まない、AIナビゲーター

コールセンターの人件費を大幅削減

AIさくらさんは、人工知能AIを使った対話型のFAQシステムです。
つまり、頭の良い機械が、あらかじめ用意されている解答をユーザーの質問に対して、自動的に答えるというものです。

例えばECサイトであればユーザーからの質問や商品購入の入電など、今までは人でなければできない業務でした。しかし、人工知能の技術が発展してきた昨今、質問に対する答えを用意し、人工知能に学ばせていく事で、ごく自然にまるで人と対話しているかのように素早く答え、目的達成の解決策を正確に導き出してくれるのです。

スタッフの離職に悩まない、AIナビゲーター

AIさくらさん(絆)を使うとどんなことが解決するのか。
それは社員の「離職」です。

コールセンターは直接人との接点を持つことから、ストレスが発生しやすい環境であると言われています。
例えば理不尽なクレームや、様々な質問がくるので、わからない質問が来た時に知識が必要でついていけない、一日に何時間も話さなくてはならなくて辛い、など理由は様々です。

また、調べてみると不平等な扱いでがんばりがあまり認められなかったりなど、達成感ややりがいが少ないことも理由に挙げられるそうです。
こうした人ならではの悩みが、雇う側の悩みでもある訳です。
雇う側は新しく社員を迎え、時間をかけて教育をし、上記のような悩みの相談を受け、職場改善というただ費用がかかるだけではなく、様々なことに対応しなければなりません。

そうしてようやく一人前になりかけた時に退職されてしまうと、それまでしてきたことが全て無駄になってしまいます。
それでは雇う側としてもやりきれなさがあり、なにより費用の無駄と言えるでしょう。

そこでティファナが提案するのが人ではなく「機械での対話」です。
ティファナが提案するAIさくらさん(絆)では、人ではなく人工知能が悩みを全て解決してくれます。

・理不尽なクレームが来ても答えるのは人工知能、人間のように精神的な疲労はありません。
・一度覚えた知識は決して忘れません、長く使っていけばいくほど、他には無い万能のオペレーターになります。
・疲れを知らないので、24時間365日対応可能です。

いかがでしょうか。 AIさくらさん(絆)を入れると、これまでコールセンターが抱えていた悩みをこんなにも簡単に解決してくれます。 気になった方は特設ページをご用意しておりますので、一度見ていただくことを強くお勧めいたします。