人工知能(AI)用語集

勾配降下法

勾配降下法とは、ある関数の最小値を求める方法のこと。主に統計学や機械学習で多く使われる。特定の変数の値に応じた関数の勾配を求め、変数を勾配の方向に動かし勾配計算を繰り返すことで、最小値を得る。 勾配降下法にはバッチ勾配降下法、確率的勾配降下法、ミニバッチ勾配降下法の三種類があり、計算するデータ量によって用途が異なる。

AIさくらさん
についてのお問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。