人工知能(AI)用語集

誤差逆伝播法(back propagation)

誤差逆伝播法(back propagation)とは、機械学習において、ニューラルネットワークを学習させる際に用いられるアルゴリズムのこと。入力データを伝達させて値が出力された時、正解値である教師データとの誤差の最小二乗和を計算し、各層の結合重みを調整することで、誤差を減らす方法である。この方法によって、パーセプトロンの多層化が可能となった。

AIさくらさん
についてのお問い合わせ

AIさくらさんについてデモを見たい、導入を検討したい、詳しく聞きたいという方は、
こちらからお問い合わせください。